2007年04月26日

ヤメテほしいこと

野球のドラフト問題を考えているとあることを思いついた。 かなり根が深く改善されることはないだろうけど・・・ 野球とサッカーどちらも携わってるので観察してると面白い。 野球はとにかくサインが飛び交う。 プロ野球の時間短縮のためにもこのサイン交換をなくせという案が出たほどで、 詳しいデータは忘れたけど「サイン交換」「攻守交替」「回ごとの球回し」で 3時間あるとしたら1時間以上は費やしているんじゃないだろうか。 おいらは草野球をしているけど強いチームの多くはサイン交換している。 「盗塁」「エンドラン」「バント」「スクイズ」くらいはいいでしょう。 でも「ヒッティング」「待て」までする必要があるんだろうかと考える。 もっと複雑になると読まれないように「成立」「不成立」の無駄なサインもあるから スポーツをしているよりも将棋かなにかをしてる錯角に陥る。 かたやサッカーはご存知のように流動的、途中で止めるわけにもいかないので監督 の指示は試合前のフォーメーションとハーフタイムが主となる。 試合中指示を出すのはもちろんだけど試合時間に影響することはない。 だからこそ選手の自主性とか自己判断がかなり重要になる。 野球の場合は監督の駒として動くかどうかでしょ、ただサインが比較的少ない メジャーの試合を見ていると展開も日本より早い気がする。 メディアは有名選手の流出で日本球界が衰退すると警告するけど、そのあたりが 意外に遠因になっていないだろうか。 野球ばかり腐しているようだけどサッカーでも自分の駒のように動かないと選手を 罵倒したり、使わない監督は多い。 日本サッカー協会としてはそういう指導法を警告し、選手の自主性・正解は得点を あげることでその過程は何通りもあればいい・監督はその方法をいくつか提示する のであって決め付けるなと指導者講習会でレクチャーしていた。 若い監督はそういう傾向があるけど古い人はまだまだというのが現状かな。 かなり脱線した。 今回言いたかったのは野球のことだった。 つまり野球は監督というのが絶対なわけでサインでわかるように、いかに忠実に動け るかというのが大命題なわけで、あたかも儒教スポーツのようになっている。 そういうのがドラフトでも選手の自主性よりも学校・監督・家族を囲むことで落とす ことが出来ると言われているんじゃないだろうか。 脱サインは脱監督主義、時間短縮の効果があると思う。 なによりやってて楽しいんだけどな。 ただこの話をすると勝利至上主義にこりかたまった人は「勝てない」と言う。 相手チームも同じ条件ならいいっしょ! それとも日本人は言いなりが好きなのかねえ・・・

taka1346yu at 14:59│Comments(0)TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字