2007年03月31日

怒るのは・・・

今日は少年サッカーで6年生を送り出す日になった。 上達しこれからという手ごたえのときに去っていく彼ら、ちとくやしい。 最後はゲームをしたり親睦会になるんだけど、こんな日に雷を落とすことになった。 ゲームの最中、自分たちのチームが負けたのを別の子のせいにし泣かしたからだ。 その子は実力がありチームの中心、泣いたのは出来ない子。 おいらの本当の雷は滅多に出さないため凍りつかせてしまった。 またそうして怒ったことが正解だったかどうかわからない。 そんな風に考えると怒るのってやっぱ疲れるな。 見て見ぬふりが一番楽なんだけど、泣かされた子がおいらのところにやって来た。 そんなこともあってどうにも我慢ならなくなり結果感情に任せてしまった部分もある。 技術を教えるのは簡単だけど心ってほんま難しい。 前日テレビで学校のいじめの番組を見てたこともあり、影響されたかもしれない。 先生は一年で生徒との関わりがなくなる。 でも、おいら達コーチは近所のおっちゃん、彼らとは一生の付き合いになるだろう。 彼らが望んでなくても成長、行動は気になるから。 今日はバタバタしたんでフォローが不十分だった。 泣かされた子はもう大丈夫だったけど、怒った子に話をする必要がある。 ほんまどの子もカワイイ。 怒鳴ってもときには罰してもついてきてくれるんだもんな。 ただカワイイからなんとかしてあげたいと思うんだよね。 悪いけど人間的関係がないとこちらもなかなかパワーを注げないもん。 今までたくさんの子と関わり、上はもうすでに立派な大人になってるのもいてたまに 出会うとこんな人間でも笑顔で話に来てくれる。 あのとき怒ったのはどうだったかな、あのときこうしたのは・・・ 聞くと彼らは覚えてるし懐かしいそうに話してくれることもある。 そういえばおいらを叱ってくれたりした人も・・・やっぱ信頼関係なんだよなあ。 今回の答えも出るのは十年後だと覚悟している。

taka1346yu at 22:57│Comments(0)TrackBack(0)人間観察 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字