2007年03月29日

異変

週刊誌に大学の合格情報が出てた。 毎年読んでるんだけど驚いたのは賃金の格差も開いてるけど学歴もいよいよ地方と 都市部では開いていってるなあということ。 おいらの頃はまだ地方の人間やお金持ちじゃなくても頭が良い人は、奨学金制度も あったしいわゆる「いい」ところへいくチャンスはかなりあった。 現に友達も現役、浪人でそこそこいいとこに行った者は多い。 でも今ならどうなんだろう。 完全に都市部のしかも私立や有名校がごっそり持っていってる。 そして地方の名門校でさえその力に以前より差が出てきているように感じた。 なんでこうなったんだろ? ちと考えるとやっぱ競争力がなくなったことちゃうかな。 いやそうじゃなくて学校がなくしたからかもしれない。 最近はそれに批判があるんで少し盛り返してきたけど、一時は徒競走の順位なしとか 通知表の順位なしなんていうのも聞いた。 多分これ以外にも強制的なものに関してはなくしていったんじゃないかな。 こんなことを聞いたことがある。 「地方に行くと若い連中で勉強もスポーツもしない。そしていい車に乗って就職は 地元ってパターン多いでしょ。ありゃあ下手に頭がいいと大学に行くとかで都会に 出てしまい帰ってこなくなるからね。親もその方がいいし・・・」 「そして学歴のある親からしても競争力が減るほうが我が子がうかる確率が高い、 だから地方ではバカを育てるんだよ。」 なんていう陰謀論がネットにもあったし、そう話す人も一人や二人じゃなかった。 これについてはさらに詳しく本当にそうなんじゃないかと思うほどの根拠まで示され ているけど、差別的な内容もはいってくるのでこの辺りにしておく、でも調べれば ネットなんかだと残っていると思う。 どうなんかなあ、嘘か真実かわからないけどまんざらっていう気になった。

taka1346yu at 17:40│Comments(0)TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字