2006年12月30日

殺伐感を壊すもの

フセイン大統領が処刑されたというニュースでびっくり。 この間判決が出たと思ったけど早いねえ、ネットでは現政権やアメリカとの関係に イスラム教のラマダン期間とかいろいろいわれている。 日本も先日4人だったか5人だったかの死刑執行があった。 罪名をみたらまあ死刑が当然というようなのばかりで冤罪とかの可能性もない者を 選んでやっていたように感じた。 ここ最近は死刑判決が多いらしい。 一時期は死刑を回避する風潮だったのが風向きが変わったんでしょう。 ほとんどの原因は自己中心的なもので同情の余地がないものが多い。 なんかヒマつぶすものがないか探していたら「阪神大震災」のものが出てきた。 ひっぱりだして聞いてみたけど、やっぱ生々しい。 つい昨日起きたような錯覚に陥るほど記憶がよみがえってくる。 そして興味深いのはボランティア、助け合いという言葉の数々・・・ この頃は人って捨てたもんじゃないよなと思ってた。 それがここ最近の動きは・・・ 特に公的なものはひどい、そして阪神大震災のときも糾弾している場面を見た。 な~んも進歩なしかいな、目に見えないこういう姿が荒廃する今に至り、いじめや 不祥事そして凶悪犯罪を生み出す殺伐としたものになってる気がしてきた。 ただ他人を非難してばかりもみっともない。 自分はこの一年他人のためのボランティアで何をしたか、できたかを振り返る。 今夜は消防の年末警戒というわけで消防活動、あとは募金とそんな感じかな。 なにもしてないことはないけどちょっと少ない。 まあ急に何かできるわけじゃないけど気持ちだけは持っておかないといざというとき に動けないものだからね。

taka1346yu at 18:50│Comments(0)TrackBack(0)街角 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字