2006年12月25日

たまには

面白いテレビ番組がないから偶然つけてたりしたものを少しだけ見て、つまらなかっ たら次々換えていき、それでもダメなら消している。 そんな中最近時代劇を見てしまうことがある。 なめちゃあいかんねえ。 時代劇はしばりが多い、ご存知のようにその時代の設定があるから脚本家としても 難しいと思われるし、俳優さんもちゃらちゃらした現代ドラマならどんな者でも ある程度当てはまると思うが、こちらはそうはいかない。 そんなだから意外に話の展開が面白く、また役者の芝居が上手い。 ほとんどの人が舞台とか映画を経験してるんじゃないかな。 たまに現代ドラマをちらっと流すと話もツマラナイ以上に役者が下手で・・・ 舞台はカットがきかないけどドラマはいくらでもカットそして編集が出来る。 そうなると極端にいえば、おいらだってそこそこの芝居が出来るつうもんでしょう。 でも舞台ならそうはいかないもんね。 そうそう最近特殊効果やCGまでアカデミー賞が設定されてから、そちらばかりが 進化し肝心の映画の内容ががっかりなハリウッド映画、こちらもカットが多い。 話の展開は起承転結で構成されワンパターンになってるけど、たまにヨーロッパ系の 映画を見るとなんとなく違うなあと思うことがある。 それがわからなかったけどある人が教えてくれたのは、ヨーロッパは舞台の芝居風に 映画のカットも考えられているということ。 そういえばよく見ると背景と役者のシーンが長いね。 ハリウッドは役者のアップやシーン展開が速いもん。 こういうのもあって俳優、役者と言われたい芸能人は舞台を目指すんでしょう。 それにしても日本の時代劇はなかなかなもんですわ。 まあ好んで見ることはないと思うけどたまにはいいな。 けっこうNHKのものなんかは登場してる人たちも豪華でまた脚本に前持った知識が ないものほどバイアスがかからなくて楽しめます。 冬の夜長にぜひ・・・

taka1346yu at 11:03│Comments(0)TrackBack(0)テレビ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字