2006年12月22日

ひがみ節

ふとテレビをみてると今週のキーパーソンは本間氏と森本レオ。 どちらもわかっちゃいるけど・・・だ。 つまり政治・経済の地位ある者は愛人を囲み、芸能人もよくなんちゃら相関図みたい なのが週刊誌に載ってたりするするようにまことしやかに言われてるけど真相は・・ 的な話がせきららになってしまった。 これについて意見は様々だと思うが、おいら的にはもてる男は仕方が無いと思う。 ただ今回のように地位と芸能界の先輩という図式のようにその人本人の魅力は 疑問符がつく場合は汚いという気がしてしまう。 政界では細野議員が山本モナと問題になったが、あの人はもてるからなあ・・・と いう感覚と芸能界でも浮名を流す真田広之のようなモテ男とこのたびの件を一緒に はしたくない。 ただ前にも書いたが地位や名誉もしくは影響力がある人はやはり自制してほしい。 立場を利用して異性にいい生活をさせるために金を使うというのは過去の例から 枚挙にいとまがないため、夫婦でさえ仕事と家庭は分けてほしいと願うくらいなの に、まして愛人とかだと気をひくために何をするかわかったもんじゃないから。 モテない男のひがみ節みたいな感じだが、こういうのはやはり美しい国日本といわ れた頃にはどうだったんだろう・・・えっ妾がいたって。 ただそういう人はサムライじゃなかったと思うよ。 最近の子供は我慢できないとかいうけどいい大人も我慢してほしいもんだね。 美しい国にはそぐわない話だと思うが安倍さんはそう思ってないみたい・・・かな?

taka1346yu at 22:41│Comments(0)TrackBack(0)話題 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字