2006年10月28日

どこが最初?

なんか意外な展開になってきた高校の世界史履修問題。 最初は一校だけかと思ってたら日本全国の進学校にも飛び火すごいなあ。 世界史Aと世界史BがあってこのたびはBが問題なのだという。 また政治経済なんかが出てるところもある。 もう昔とは変わってるだろうからなにがどうかはわからないけど、高校になれば 大学の受験勉強化してしまうのは当然で、なんで今になってかがわからない。 おいらの頃なんか私立校出身の連中は受験科目しかやってないって言ってたもん。 正直ええなあて思った。 でもその後の論文を書くとか、たくさんの知識や知恵を必要とする場合そいつらは けっこう苦労してたからね、やっぱ深くなくても少しはかじった方がよかったと思っ たな。そう考えると大学をゴールとするなら予備校化してる高校がいいし、その後に しっかりとした目標があるなら履修が多いほうがいい。 理想はその後と言いたいところだけど・・・どうかなあ・・・ 今回の問題はホンマ根が深いね。 高校は進学率を考えるのは当然だと思うし、ならば問題を出さない大学に照準を 合わせるのは仕方がないこと、大学は「こんな生徒を」と文句を言ってるみたいだ けどならば科目を増やせば良いのにそこは受験者を増やすために削ってるとこも あるんでしょ痛し痒しですわい。 ただ高校が公文書偽造してる問題はやばいんちゃうかな。 履修してないのをしてると報告してるとこが多いんでしょ、そうなると完全に犯罪 行為になってしまう罪はけっこう思うはず、もしも学校の校長が全国規模で訴えられ たらかなりやばくなりそう。 それもあって今年の生徒にはお目こぼしするんだろうけど・・・ 教育なんちゃらは今後どうなっていくんだろうか。 もう親の世代にバカが蔓延してるから難しいと思うな、そうそう日本全国をバカに したのは官僚や政治家の息子を入学しやすくするための陰謀という説がある。 アホらしいけどまんざら嘘ではない気もする。

taka1346yu at 23:15│Comments(0)TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字