2006年09月29日

目くじら

またまたささいなことだけど目くじらをたてたくなった。 NOVAのCMだ。 外国人が倒れているところに女性が通りかかり「ヘルプミー」と言っているのに 無視して「ごめんなさい」と泣きながらNOVAへ行くというものだ。 外国語にしても日本語にしても言葉はコミュニケーション。 一番大切なのは何を言いたいのか知ろうとすることだろう。 あの状態ですぐに助けなきゃという想像ができない者にできるはずがない。 もし外国人アレルギーを表現したいのなら、言葉をかけられただけで逃げる場面の ようなものや苦笑いを浮かべるよくある日本人像を宣伝した方がいいと思う。 ところで新総理になり教育基本法に手をつけるということから小学生の英語にも 脚光を浴びている。是が非かは別にして多くの政治家や企業のトップにはほとんど しゃべれない人が多い。 つまりはしゃべれなくても地位も名誉も築けるというわけでしょ。 逆に必要な人は商社マンとか外資の人のように何不自由なく話せてる。 一般人が使うのは海外旅行くらいかな?それでもガイドさんがいれば必要ないし、 なんのために必要なんだろうと思う。 だいたい子供の頃にすべきは見聞を広めることだと思う。 見てたら閉鎖的な学校に家庭という感じで地域社会からも隔絶している。 (犯罪問題をいう人もいるが顔見知りが増えた方が逆に安全だと思う) 社会人になってからいろんな人と出会い、もっと早くにこうした人たちと会いたい と思ったし良い人がたくさんいるんだなあとも。 先生と親以外の環境にもまれコミュニケーションがとれればまずは成功、その上で 英語を学んだ方が本当は良いと思うけど少数派だろうな。

taka1346yu at 20:35│Comments(0)TrackBack(0)テレビ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字