2006年06月27日

オシムの前に

W杯の決勝トーナメントの白熱ぶりは凄まじい。
過去の大会では得点シーンが面白かったが、この大会ほど得点に至る過程またその組み立てが
面白いと感じるものはなかったと思う。つまりはかなり良い大会になっているということ。
本当に実力があり、戦術も整ったチームが残っている。
その上に執念と気迫があることも忘れてはいけない。
スポーツに根性はいらない、根性は技術と体力が行き着いた人の世界であって、そこまでにない
者にはまずは技術と体力が先決と常々思っているが、決勝Tはまさに根性の闘いになっている。

それでいくと日本が残れなかったのは仕方がないといえる。
ジーコの総括に日本は好・不調の波があると言っていたが、それについても技術と体力不足の
証拠だと思う。ジーコはわかっていたはずなのに・・・
そして監督未経験者を代表監督にし、選手の自由意志を尊重するというのは時期尚早というサッカ
ーファンの声を無視し続け、ジーコを監督にさせた一番の責任者はその批判をかわすべくいち早く
オシムを指名した。

オシムはここ最近よく報道されているから書く必要もないが、千葉が大躍進をし始めた頃から注目
され、おいらも千葉を応援していたかめさんから聞いていたので注目していた。
本当に適任だと思う。でもまずは自分の責任が先なんじゃないかなキャプテンさん。
福井総裁のように法に触れてはいないけど責任からは逃れられないと思うよ!

それにしても千葉ファンはどうなのかなあ。テレビでもそこのところはあまり報道しない。
代表監督になるからには後任が必要なんだけどね。
でも日本サッカー界とその未来のためにも是非お願いしたいです。
今思うと先にオシムにしてもらって次にジーコだったらまだマシだったかなとも思う。
そこまで擁護するつもりはないけど、ジーコさんの貢献というのも忘れてはいけないと思う。

近々8強が決まる。
そこに日本が・・・なんてことは思わないようにしたい。
ゼロからスタート!まずはアジア予選突破そしてW杯一勝の初心に戻りましょう。
選手もファンもね。



taka1346yu at 13:30│Comments(0)TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字