2006年06月03日

脳ブーム

最近は脳に関するゲームがブーム。
脳内年齢とかいう言葉とそれにともないテレビゲームの売れ行きもいいという。
でも脳にとって本当にいいんだろうか?

確かに何もやらないよりは何かをした方がいいと思う。
だからといって、そればかりやるというのはちょっと違うはず。
脳の研究はまだまだだから、素人のおいらなんかにわかるはずもないんだけど
それでも予想外の刺激や五感からくる刺激、他人とのコミュニケーションにいろんな
ことを創造、想像、予想したりするのようなことが脳にとっては一番いいように思う。

ゲームやパソコンは頭は使うけどその分目が疲れてしまう。
そして裏切るということがほとんどない。
自然を相手にすることや人間を相手にするといろんなことで頭を使う。
でもこちらもよく考えると自然ばかりだと人と会う機会が少なくなるし、人ごみにまぎれて
ばかりだと自然から離れてしまう。
そのバランスがきちんと保てることが脳にとっていいんじゃないかな。

有名な脳科学者茂木先生の話はいろいろ参考になります。
なかでも興味深かったのが脳にとって初めてことはかなりの刺激になるということ。
入学・初恋・出会い・就職・・・いろいろ経験してきた中で初めてなにかしたことをよく
覚えているのは脳の特徴であり、その刺激はかなり良いのだという。

それからいくとマンネリとかひきこもりはよくないということでしょう。
新しいことにチャレンジし、いろいろ考え、その合間にゲームで息抜きをする。
ゲームは悪くないけど上手な使い方をしたいものですね。
おいらが思う脳的に頭がいいと思う人は「空気が読めて」「順応性が高く」「思いやり
のある人」だと思いますがいかがでしょう。



taka1346yu at 10:09│Comments(0)TrackBack(0)話題 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字