2006年02月25日

終わってたやんか!

間抜けでも気分がいいときと悪いときがある。 まあ、ほとんどは悪いものなんだけど。 今回の場合は荒川選手の金メダル。 完全に土曜日がフリーの日だと思ってました。 ある人が「やっぱ金をとるなら荒川だと思ってた」という言葉に。 「俺もそう思いますよ。なんとか取れればいいですね」と話したら  「えっ、とったよ!」 「明日でしょ」  「いや、今朝やってて荒川が金メダル」 これもなんととった日の夕方にしてた会話。 朝から全然気がつかなかった、ニュースも見てたけど、今日はやたら荒川の特集を してるなあ、多分ショートプログラムが3位だから、一番金に近いということでや ってるんだろうなあと。 そしたら、とっていたから特集してただって・・・う~ん間抜け。 それにしてもスゴイ、あの場面で今までミスを見た事がないコーエン、スルツカヤ にまさか、まさかのミス。これが五輪のプレッシャーだというのを見せ付けられたし 日本はメダルが少ないということも、逆にメダルをとることの難しさを多くの人が 知ったのではないでしょうか。 実力でとれるだけじゃなく、運、体調、食事、メンタル・・・今回でも他国の候補者 たちがこれらの要因で逃してしまったのを聞きました。 日本人は言霊を大事にします。良くないことや景気が悪そうなことを言うのをご法度 としてしまうことがあります。自分を冷静に見つめ入賞できれば合格点かなというよ うな場合でも「優勝を目指して」「実力以上の成果がでるように」という言葉を選ば せて言わせようとします。気持はわかるけど、選手がかわいそうな気がしました。 それを暗に否定したいために「楽しんで」と言っているのかも知れませんね。 実際楽しめるわけないと思うもん、必死でしょうに。 荒川選手の顔は急に変わりました。今までいろんな思いをしてきたことでしょう。 なんとなくきついイメージが憑き物が落ちたように穏やかになっていきます。 あの優雅さからは考えられないくらいまさに格闘技だったんでしょう。 間抜けに生きてる者には想像がつかない世界ですが、やはりおめでとうという言葉を 贈らずにはいられません。

taka1346yu at 20:15│Comments(0)TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字