2006年02月22日

五輪終盤

五輪期間でしかも日本勢の失墜ということもあり、久々に2ちゃんねるを眺めた。 辛口が多いといわれる彼らの評価だが、けっこう周辺の評価と大差ない。 政治についてだと「ネットうよ」といわれることもあるが、周囲も同じようなもの か保守的なくらいだから、興味深くみることができる。 さてさて、そんな彼らは今回をどうみているか・・・やはり冷静な気がした。 実際の実力以上にマスコミが煽り、協会は強化してないし、そもそも選手層は薄いし 競技人口も少ないから仕方がないという感じ。 どこかの国のようにわが国ばかりという見方もせず、上手に楽しんでいる。 BSがたくさん流してくれるのが一番影響しているのでしょう。 おいらも今回はカーリングを楽しんだと書きました。同じように「見てしまった」と いう人がかなりいて、そういうのも私のご近所とまったく同じ。 ところが某スポーツライターが、「あんな競技をダラダラ流しているBSの見識を疑う」という一文にかなりの人たちが噛み付いていた。私も反論に同感。 これが同じ職業の玉木氏、二宮氏のように辛口でも批判するスポーツの内情を知り、 その競技の未来のためを思うコラムだから、読者も納得するのだが、某氏の場合は 「サッカーなんて中田しか知らない・・・」なんていいながらのサッカー批判では 不愉快なだけ。それなら自分の興味のないモノ、自分が知らないモノ全てがつまらな いと切り捨てる狭量な中年野球おやじレベルだ。 もしおいらがカーリングにあえて物申すとしたら、どこで競技会や選考会が行われて いるのかわからないような競技と言いたいが、それでも今回は世界と互角に戦えたん だもんね。あと、意外にカーリングを陰で支えたのがBSの解説者の人だと思う。 多分協会の人だと思うけど、日本の勝利を臨むのはもちろん相手チームへのリスペク トがあり「今のは最高のショット」「センチ単位の素晴らしいショット」と説明して いたのが印象的だった。成熟した見方だと思う。 五輪はドラマが面白いと以前に書きました。誰にでも人生のドラマがあるように彼ら にもそれぞれ背負ったものがあり、あの舞台に立つまでいろんなことがあっただろう し、それをよく知っているから見ている人たちもメダルの数にそんなに腹も立たない んじゃないかな。競技後の涙はうれしい、悲しいどちらにせよ支えてくれた人たちへ の思い。時代は変われど、世代は変われど続いていくことでしょう。 (だから、そういうのがない選手には批判が多いみたいですね^^;)

taka1346yu at 23:09│Comments(0)TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字