2005年11月26日

豊かな秋

田舎に暮らしているといろんなおすそ分けがいただけます。 海にも近いけど10キロ離れていますからやはり山のものの方が多い。 栗、いも、大根、しいたけ、まつたけ、山菜、みょうが、山芋・・・ 時季のものをいただけますから豊作の年には重なることも。 それでもありがたいものです。 お店なんかだと同じようなものでも加工してあったり、もちろんきれいに洗浄して あります。でもいただき物は採れたてのまんまが多いですから、自分で手を加えて あれこれせねばなりません。 そうなると重要なのが長年の経験とか知恵なんですよね。 田舎のじいちゃん、ばあちゃんの強みがこういうときに現われます。 新鮮な状態のいただき方、たくさんもらった場合の保存法、またいろんな加工法。 私も田舎者とはいえ、まだまだ知らないことがたくさんあります。 たけのことかでもこういう方法があるのかと年を経ても驚かされたり。 また家によってもいろいろ違いますから、ときには我が家の方法で侃々諤々・・・ 昨日は立派でおいしそうなしいたけを山のようにいただきました。 さっそく食べたのと、陰干しにしていただくものに。 干すために縁側にいくと山の向こうは燃えるような赤と秋独特の山吹色。 田舎の秋は目にも口にも豊かなんだなあ・・・

taka1346yu at 23:50│Comments(0)TrackBack(0)ローカル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字