2005年08月26日

あの画面のむこうは?

昨夜の台風は関東に被害をもたらしたというニュース。 しかし関西は台風の気配すらなし。 日本は本当に広い。 島国、小日本とバカにされても住んでる人間には広く感じる。 今は関西にいるけど東京で暮らしていたので東日本方面にたくさんの友達が いるし、NETの関係でも数多くの知り合いが出来た。 だから、そういう人たちが住んでるとこ、あるいは自分が行ったことのある 場所について親近感があるから、ニュースになると気になる。 そういう人がいない場所、行ったことがない場所は残念ながらピンとこない。 切実に考えるのがいいんだろうけどね。 逆にこんな片田舎にいてニュースになると友達は気にしてくれる。 そういうのは天災ばかりじゃなく、例えばニュースで骨髄バンクの問題や 病気の話題になると、自分が身近でそういう問題に接していると切迫感があり 募金などがあると思わず行動してしまうが、そうじゃないと残念ながら・・・ 他人のことなんて気にしないでいるのは楽。 自分のことなんて放っておいてもらえば楽という人もいる。 困っても他人の力に頼りたくないとか、同情はいらないとも。 ただそれは若くて元気がいいときは言えるんですよね。 だんだん自分が弱くなってくるとどうだか。 想像力・創造力を大切にしたい。 いつ自分もどうなるかわからない。 なんとも抽象的なことをいってますけど・・・とどのつまり友達や知り合い せっかく縁を持った人とのつながりは大事にしておきたいものです。 物質的な援助じゃなくて心配してもらうのも力になりますもん。 なんか災害の映像が流れるとそんなことばかり思ってしまいます。

taka1346yu at 23:17│Comments(0)TrackBack(0)人間観察 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字