2005年06月30日

誤解のもと

若貴、日中韓・・・テレビでこの話題はことかかない。 なんでこんなに争いごとやいざこざいになってしまうんだろう。 お互いの非や原因をあれこれ考えていると強く思うのは、日本人の特性とも いうべき「わかってほしい」「わかってくれる」という思いすぎにあるように 感じます。 兄弟だから、相撲部屋を継ぐということは、ODAをたくさんしてるんだから 謝罪文も何度も読み上げてるんだから・・・だからわかってちょうだい。 というのが、日本人の感覚なんでしょう。 日常でもイライラする人の多くに「なんでわかってくれない」と言う人が けっこういます。もちろん「嫌だ」「OK」というはっきりとした意思表示を しているのにわかってくれない場合は納得しますが、聞けばそういうのを明確 に示してないくせに相手ばかりを責めていることが意外に多いようで。 そういう人はいえない自分を反省しないし。 親子、夫婦、兄弟のように長年いてもわからないのに、友達とはいえ他人に わかってもらうのはもっと難しいでしょう。 イライラしないのなら構いませんが、イライラするならはっきりと言うこと。 それも他人に「言ってもらう」のではなく自分の口でね。 たまには自分も嫌な人にならなくちゃ! ただし、はっきり言う事で失う結果になったとしても・・・自己責任です。

taka1346yu at 13:04│Comments(0)TrackBack(0)街角 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字