2004年11月30日

最後の信者

清原には心底がっかりした。 もともと西武からFA宣言したときに阪神を蹴り、巨人入で絶望視したが、 今回の残留で関西でいうところの屁たれだとはっきりした。 もう男・清原などといってほしくない。 大体関西では気の小さい男として有名だった。 岸和田・デカイ・関西弁の三つで東京の人間は勝手にびびってしまい勘違い させたのだから仕方がない。 彼が甲子園、その前は日生・西宮・大阪球場でびくびくプレーしていたのは 関西では当たり前。 まあそういうのもあって同じにおいのする長渕と仲がいいのだろう。 気の小さいやつほど肉体改造したがるものだ。 今年の球界は本当に変わり目の年だった。 脱巨人指向がはっきりしたといっていいだろう。 今後は長いものに巻かれろ的な発想や金にものをいわせるところに、人気は 向かないと予想する。そういうのは長く続かない。 奇しくもメジャー行きを望んだ選手は「お金じゃない」といい物議をかもした し、日ハム、千葉、ダイエーとフランチャイズの芽も育ち始めた。 そして東北へ。 巨人信望者としては清原が最後になる可能性が高い。

taka1346yu at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字