2004年11月26日

絶滅危惧

「おまえ、ヲタクみたいやなあ」 いわれたのは一度や二度ではありません。 けれど、本当にヲタクのことがわかってんのかなあと思う。 実際、世間が狭いと思う人ほど軽々しくそういう。 この言葉はそんなに簡単なものじゃない。 ニュースでモー娘生写真&サインのオークション詐欺が捕まった。 犯人は大阪の女子中学生。 そしてニュースはアキバ系の人々のインタビューを流す。 そこに登場したのは田舎では滅多に見られないホンモノのヲタクの人々。 やっぱスゴイ。 私はヲタク>信者>マニア>ファンという序列を勝手に決めている。 この順番に異議があると思うが、とやかくいわず読み飛ばしていただいて、 言いたいのは普通の人はせいぜいマニアくらいまでしか行き着かないだろう。 それですらスゴイレベルだが、ヲタクは別格。 まず周りの目や自分の姿、手持ちの金に趣味を分散しているようでは到底この 域には達せられない。猪突猛進! そんな彼らがTVに映る、そしてしゃべる。 甲高い声、少し首をかしげ髪をかきあげる。口調も俺が説明してあげてるんだ よ的な威圧感とおどおど感がバランスよく、上半身しか映らないが多分ズボン のすそは短いだろう。カバンにも目がいけばなお楽しめる。 もう絶滅を心配していたが、いやはや健在だったんだ。 なんとなくほっとする。 バカにしているのではない、彼らのような存在が日本経済を支えている。 考えてほしい。ファン以上の人はみなお金に糸目をつけない。 興味深いのは関西では関東ほど見られないこと。 人口の問題もあるが、そこには気質が関係していると思われる。 関西人は口撃する。逆に関東では可笑しな人を見ても、見ぬふりをする。 私は最初かなりの違和感を持った。 だから日本橋ではなく秋葉原でなければならないのだろう。 ヲタク道は知識だけじゃないことがご理解いただけるでしょう。 気軽に言ってはいけない。 まして自分はOOOヲタクなどと言ってもいけない。 まだまだみんな半端もんなんですよね。(笑)

taka1346yu at 23:25│Comments(0)TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字