2008年02月20日

ひでぇな

今日は東アジア選手権の二戦目中国戦、少年サッカーに行かなきゃならなくて ビデオ録画することとなった。そのため試合終了後に観戦。 中国となると試合以上に興味が尽きない。 なにわともあれ動物もとい中国人たちのマナーに注目、それに訳のわからない ブーイングや意味不明に盛り上がる歓声とちと痛すぎる。 さあ国歌斉唱、おおっとなんか違う。 気づいた方も多いかもしれないが音声がデカイ!ははあスピーカーの音を 上げてブーイングが聞こえない作戦に出たか、単純だけど効果的だね。 ここで芽を摘んだのはなかなか、TBSアナなんかここぞとばかりに誉めそ やすんだもん嬉々としてたぞ。 「今日はマナーを・・・お客様に気持ちよく・・・」 いやいや動物にはそんなの関係ねえ。 試合開始、序盤は良かった、つうかサッカーになっていたね。 日本が立ち上がり慎重だというのをついて猛攻をしかける作戦はさすが、 でも良かったのはそこまで、体力がなくなり技術の差が出てくると格下が やるのがラフプレイ、恐れていたとおりの展開。 拍車をかけたのは審判だったのが最低、でも宗主国様をなんとかしなくちゃ ならないだろうから必死だったんだろうな。 レベルが低すぎてわざとという感じじゃなく未熟さが目立った。 それにしても中国の選手はヒドイね。 ただあいうのは球出しが遅いからやられるともいえる、そういう点では日本 代表はもう少し方法があったと思う。こちらもまだまだかなあ・・・ こんな低レベルの大会で選手生命を脅かされるのなら止めた方がいいね。 さもなくば審判くらいは参加国以外がやった方がいいと思う。 勝ち方よりも勝ちを優先する国にスポーツはしてほしくない。

taka1346yu at 23:08│Comments(0)TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字