2008年06月28日

目元が緩んだ日

今日は少年サッカーを教えてて今までで一番といってもいいくらいうれしい ことがあった。小さな大会とはいえ、下級生の大会とはいえ準優勝。 いやあホントうれしかった。 スタートして6年が経つけど人数といいなかなか難しい。 各学年に何人かは上手な子がいるけど、団体競技の中でもサッカーやバスケ みたいな流動的なスポーツは全員がある程度のレベルにないとね。 野球も教えられるけどサッカーのたいへんさは全員の底上げにある。 そういう点でも今回はがんばってくれたこともありうれしかった。 少しはこちらの努力が報われた気がする。 それにしても困ったのは親たちで普段成績がよくないものだから、今回も そう思っていたようで表彰があるというのに見てないんだもんなあ。 終わった後で「写真撮りに来ればよかったのに」と軽いお灸を据えておいた。 それでもみんな終始笑顔。 「帰ったらおいわいパーティしよう」なんて子供同士で言ってたけど、 コーチ陣はいたってクール。 なにせ次を考えなくちゃならないからね。 上の子たちには良い思いをさせてあげられなかったていう負い目もあり 胸中複雑・・・でも上の子たちも喜んでいたからそれでいいかな。 一応コーチ陣の役割分担の中で〆役のおいらですから、また引き締めなおしに 悪役にならなくちゃならないけど今日は本当に忘れられない日となりました。 でも付け加えておきたいのは他のチームの子たちもかわいいんですよ。 みんな笑顔で挨拶してくれますしね。 スポーツをやってると本当にいいなあ・・・

taka1346yu at 20:21│Comments(0)TrackBack(1)わたくし事 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. dating  [ dating ]   2013年09月09日 11:13
Thanks, this really is the worst factor I’ve study

コメントする

名前
 
  絵文字