2008年08月22日

勝ちに不思議あり 負けに不思議なし

今日のオリンピックはスポーツの明暗を見た感じ。 まず野球は昨日のソフトボールのこともあり興味津々だった人も多かった でしょう。女子に続け~てなもんだったけど・・・ 7回まで見てて藤川が投げた時点で見なかった。 まあどっちでもいいや勝てばそれでいいくらいのもんでWBCほどの真剣さ がこちらにもない。だいたい本気の選手選考じゃなかったし。 随分経ってからテレビをつけたら右上に「明日三位決定戦へ」て書いてある のを見て負けを知った。2-1だったから2-3?2-4?そしたらなんと 2-6で負けたというから穏やかじゃないね。 今回は球団の協力、JPBあげての協力、選手のモチベーションそしてなに より首脳陣の采配能力これら全てが疑問符だっただけに結果は驚かない。 それどころかこんな状態でメダルが取れるなら野球はレベルが低いと思って しまうに違いないしもちろん勝利の女神も微笑まない。 とはいえ、負けるのは気分がよくないもの今日は昨日のようになんか燃える ものがないかなと思ったら男子の4×100で銅メダル! 強豪が脱落したとはいえそれも実力のうちで棄権したわけじゃないんだから 堂々の結果と言える。 こちらはインタビューで先輩のあきらめなかった挑戦を口々に語る姿を見て 勝利の女神が微笑んだ理由がわかったように思った。 その姿は苦杯をなめてきたソフトボールの選手たちとだぶる。 メダルを獲得してそれを見せたいと思う先輩たちがいる競技と金メダルなら 講演料が上がるだのボーナスがもらえるなどというレベルの野球とでは差が つくのは仕方がないでしょうね。 思い返せばどんな種目も山あり谷ありで順調にきているのなんてほとんどない 状態、それは日本全国でスポーツしているプロからアマチュア全てにいえる ことで、頂点を目指す難しさ、頂点を維持する難しさからチームを続けると いうものまでたくさんのドラマがある。 残りわずかのオリンピック、今回は過去例がないほどいろんな気持ちを味わい ました。それにしてもサッカーと野球の男子は日本を代表するプロスポーツの はずが・・・もう言いたくないわ。

taka1346yu at 23:40│Comments(0)TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字