2008年08月27日

スポーツ大国とは?

五輪後、日本選手団団長の発言を受けてスポーツ振興にもっとお金を投入 した方がいいと意見やスポーツ庁の設立もいわれています。 メダルの数とつぎ込むお金が比例するのは以前から言われていました。 サッカーの世界でも国の経済力と強さが比例するといわれていてアフリカ勢 の台頭があるとはいえ、それもアフリカの中の経済力が強い国だとされてい ます。もうスポーツにお金をかけないと無理でしょう。 ただメダル獲得にばかり目がいくと話は違うと思います。 中国・東ドイツ・ソ連など獲得数が多かった国はありますが、エリ-ト教育と 真の意味でのスポーツ大国はまったく別物でしょう。 おいらはすそ野を広げる、健康増進、生涯教育などの観点でスポーツにお金を かけてほしいと願います。 地方ではとにかく「多目的」という施設ばかりで規格に適応したものは都市部 でなければないか、地方でも広域に一ヶ所という感じです。 学校スポーツの縄張り意識が強過ぎる影響で学生と社会人が一緒に練習すれば 少ない場所も有効利用できる方法があるのにできなかったりするのは残念。 また指導者が地方では学校の先生がクラブ活動でやっているけど、競技ごとに 指導できる人がいればそちらに任せるなどしてほしい。 簡単にいえばクラブ制度ですね。 スポーツ先進国ではかなり進んでいてそういうすそ野を広げたところから選抜 できるようにし、その結果メダルが獲得できれば一番いいと思います。 スポーツ庁案は反対じゃないけどどうも文部科学省の天下りばかりが増える だけの結果になりそうな予感がします。 予感どころかTOTOを見ればはっきりわかりますけど。 メタボ対策に健診をどうこうするよりもスポーツをする機会を増やした方が よっぽどいいでしょう。 スポーツもかなりの経済効果があります。 メダル獲得数はきっかけでいいから、今後の日本のスポーツのあり方をおいら みたいな浅知恵ではなくしっかりしたビジョンを教えてほしい。

taka1346yu at 19:13│Comments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字