2008年08月30日

明日はどうだろう

今日は忙しくなると思っていたら雨のため中止、何かというと町内でナイター 陸上っていうのがあり夏休み最後に小学生から一般までが参加するというもの で、オイラは参加じゃなくて手伝い(選手呼び出し)をする予定でした。 急な中止でその他の予定を考えてなかったため、暇つぶしにお好み焼きを作っ て、のんびり過ごしました。 テレビをつけたら24時間テレビをやっている。 なんかオリンピックも徐々に薄れている・・・ 前々回に書いたスポーツの行く末を考えていたら、何かの特集でシンクロの コーチの話題をやってました。 銀メダルのスペイン、銅メダルの中国そして日本と三人とも日本人コーチ。 今回の五輪では日本のメダル獲得に外国のコーチの存在が大きいというのが ありました、そういうのを見て思ったんですが・・・ スポーツをどういう風にしていけばいいかを考えたとき、一番最初にやるべき で、また比較的お金もかからないのがコーチの育成じゃないかな。 うまくいってる競技の多くは日本人コーチを輸出しています。 まあバレーのように結果日本がやられるようになりましたが、マイナー競技の 人気をあげるためにがんばった結果だから仕方ないでしょう。 野球がWBCで勝てたのも日本人コーチが世界で指導するくらい実力があると いうことで、サッカーがもう一つなのは日本のコーチが世界のクラブチームに スカウトされるまでになってないことにあるかもなんて思ったりもしました。 コーチの育成は一流選手の引退後の受け入れという問題も解決します。 また世の中には指導法一つで変わる選手もいるし、若い世代ばかりじゃなく スポーツを健康や親睦でがんばろうという一般の人もそういう人に教えてもら うことで意欲もわくし、ひょっとしたらスキルアップしていくかもしれません。 パラリンピックが始まるということで、日本にとってこちらのメダル獲得は なかなかのもの、そういう点でも日本はまだまだ捨てたものじゃないでしょう。 あとスポーツ庁なんかを作るなら前にも書いたように天下りが気になるところ なので、それでもいいから最低でも何かの競技のコーチの資格取得を絶対の 義務にしてほしいと思う。 そうじゃないとスポーツに理解のない者が机上でごちゃごちゃされるとかなわ ないし、選手経験もいいけどコーチ資格は経験者じゃなくてもなんとかなる から、競技ごとにそういうのがあればと思いますね。 そうそうパラリンピックといえば近所の女の子が出場することになっていまし た。すごくいいことだと思っていたのに残念ながら先月急逝されました。 まだ22歳だったかな、選ばれて喜んでいたのに本当に・・・ ニュースで出発の映像が流れるたびに悲しくなってしまいます。 スポーツは生きる喜びにもなるものです。 一流の競技者から一般の老若男女に夢と希望を与えてくれるものになってほし いと思いますね。 明日はビーチサッカーのお手伝い、こっちは雨でも流れません。 また日に焼ける[emoji:e-259]

taka1346yu at 23:01│Comments(0)TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字