2009年02月25日

傘がない

番組は見てないけど新聞のラテ欄に久米宏の「テレビってやつは」は 「若者はなぜニュースを見ないのか」ていうタイトルがあった。 そういやあオイラもほとんどテレビを見なくなったけど唯一ニュースだけは 見ていると思う。ただしここ最近はそれすら見なくなっている。 オイラの場合なぜだろうかと考えると編集と都市部偏向を思いつく。 地方でもニュースはある。 毎日のように交通事故で人は亡くなっているし、火事も起こっている。 そういうのは地方紙に掲載されるくらいでテレビは都市部近郊なら子供が 遊具でケガをしたとか、学校で体罰があったなんていうのさえ仰々しく流す けど地方のものは死亡してるのに報じられることがない。 そうそう都市部で暮らしたときでさえ、自分の近所のニュースは少なかった。 例えば世田谷区にいたときは台東区や葛飾区のニュースなんて他所ごとだった し、関東近郊も興味がわかないくらいだったから、東京以外のニュースなんて 知りたいと思わなくなった自分に気づき恐怖したことがある。 これは本当に不思議でその傾向は今でもあるけど少なくとも近畿また隣接県 くらいは注意を向けるのに東京ではそんな感じでした。 よくよく考えると自分が行動しそうな範囲に注意を向けるものなのかもしれない。 今日も銀座で眼科の医療ミスを流していた。 でもそれはローカル並みのものだと思うけど「銀座」だからか時間も長いし トップの方で伝えている。 医療の杜撰さということもあるだろうけど、それは管轄官庁が通達すれば 済む話でうがった見方をすればレーシックへの警鐘もしくは妨害かなと。 タイトルの傘がないは井上陽水の歌。 世界では人が死に異常気象のニュースも流れるが、今自分にとって重要な 問題は恋人に会いに行くこと。それなのに雨が降り出した、傘がない・・・ とてもシュールな内容の歌です。 テレビニュースがそんなだからネットのニュースが本当にありがたい。 こちらは意見も載るから近所の人の生の声も知ることが出来る。 自分の傘だけを心配することが少ない気がする。

taka1346yu at 22:18│ニュース