2009年04月28日

裁判では勝ったけど

なんか最近の裁判は一審、二審は同じで最高裁で逆転ていうのが目立つね。 今日も長崎だったかな、小学生の体罰云々の判決で逆転していた。 まあ判決自体は不服はないけど、相手が小2じゃあなあ・・・ 胸ぐらつかんでっていうのはどうかと思う。 オイラも小学生を相手にするけど感情的に怒る奴は従えさせられてないのが 実情、例えば敬意をはらってくれない、実力がない、人気が無いっていうの が根本的にあると思う。 子供は「恐怖」か「誉める」かなんだけど、最近よくわかってきたのは「誉める」 これが本当に大事で難しいのは「おべっか」「擦り寄り」とは違う。 一歩間違うと助長させ、滅茶苦茶になってしまうからね、意外に難しい。 子供って誉めてくれる人は最終的には敵にしたくないし、自分が嫌っていても 周りが好いてくれると下手に攻撃してこない。 そんな風に思ってるから「体罰」の議論自体が嫌になる。 まあ本来は叩くのは親の役目なんだけどしなくなってるからなあ。 だからといって教師がする必要もないわな。 サッカーでは地元の子、スキーでは西日本の子供たち、下は小学生から高校生 までたくさんの子と接してきたけど根本的に悪い子はいなかった。 逆に先生の方に問題を感じた方がかなり多かったというのが感想です。 そしてその最大の要因は先生方は社会と交わりがないという事! 子供たちには挨拶を!とか行儀作法を言うくせに、社会人としての挨拶や 最低限のマナーが出来ない先生の率は子供たち以上でした。 こっちが良い先生だと思うような学校の生徒はすごく良いし、こっちが疑問に 思うような先生のところはやっぱその通りの生徒です。 よく言われるけど「子供は親の鑑、生徒は先生の鑑」なんですよね。 体罰は反対じゃないけど、したら最後負けだと思います。

taka1346yu at 23:34│ニュース