2009年10月28日

偏狭は嫌

秋になり運動も活発になってきました。 その逆に野球やサッカーは長いリーグ戦が終了し、寂しくなっています。 ここからは何度も書いているランニング、近所の人たちとバレーそして できれば水泳なんかをしてみたいと思います。 そうそうスキーは教える以外はしなくなったんで得意ですがなんとなく 疎遠な感じがします。今年は機会があるかな? とにかくスポーツは本当に楽しい。 自分の強さ弱さを知り、他人を許すもしくは許してもらうこともあり、 地位や年齢を超えた仲間意識はとても貴重でただ単に体を鍛える以上の 素晴らしいものがあることはやっている人ならお分かりでしょう。 またいろんなことに挑戦するとそれぞれに仲間が増えていきます。 野球・サッカー・スキー・ランニング・・・それぞれまったく違うし 中には地域を飛び越えかなり他方面な知り合いも出来ました。 そういう点からその良さを広めたいと思っているけど、どうも偏狭というか 偏屈な人がいて眉をしかめたくなることがあります。 野球の人と話して「野球以外はつまらない」という人、サッカーの人でも 「他のスポーツは興味がない」という人、「私はできないから」ととにかく 否定する人・・・ そういうのは別にいいと思う。 でも口に出して言う、あるいは他の競技の日程や都合を考えないような やり方をしたり、とにかく他を認めない敬意を表さないというのはスポーツ を通じて何を学んでいるのか不思議に思うし、そういう傾向にある人ほど 浅い経験と知識しかないように見受けられます。 それならそういう人を注意すればいいといわれるかもしれないけど、そう いうのは淘汰されていくことを知っていますから、なにも悪者にならなく ても放って置くにかぎります。 でも・・・それも悲しいんでね。 なんとかみんな仲良く、お互いを尊重する道があればなと。 よく外国の紛争をみて「なんで戦ってるんだろう」と疑問に感じること でしょうが、案外こういう小さい偏狭な考えにあるように思いますね。 実際スポーツの場でもでケンカになることもありますから。 先日は野球に参加させてもらいました。 昨日はサッカーの最終戦でした。そして今週末はミニマラソンに参加。 「おまえは何が一番好きなの?」 「それを知るためにやり続けるけど答えは求めようと思いません」

taka1346yu at 22:22│健康