2009年11月24日

いつでも逃げ道をってゴルゴか!

飲みに行ったり遊びに行くのは大好きだけど、ここんとこ続く射撃場や居酒 屋の火事のニュースを見ていると恐ろしくなる。 普段は田舎なのでお店は1階もしくは2階建てくらいのもの、そんなに気に したことはないけど、たまに神戸や大阪に行くと注意している。 宿泊施設なんかはふつうに避難経路を確認したり、誘導灯がどこにあるか確 認するくらいのもとはいえ、まったくしないなんてことはない。 消防でたくさんの火事を見てますからね、あと煙を吸ったことがありその恐 怖を体感してますから、いざというときをけっこう考えてる方だと思います。 ところでニュースを見ていると「なぜ早く逃げられないんだろう」とか居酒 屋なんかでは「なんで早く気づかないんだろう」とか思ったんじゃないかな。 でも実際火事になるとほんの数メートル先がわからなくなるものなんです。 あと火は一瞬でも火傷覚悟でダッシュ!なんて思うことがある。 火の場合はまだ先が見えますからね、だけど黒煙はそうはいかない。 見たら足がすくみますよ。あの大蛇がのたうつような光景、そして意外にも 白い煙の恐怖、経験してみないとわからないでしょう。 先月、久々に神戸に行きました。 思ったのはデフレの影響で値段がかなり安くなってるし、また階上にあるお 店ほど客寄せのためさらに値段を安くしてるから、どうしても4~6階くら いのお店に行きたくなってしまう。 ところがこういう店はエレベーターはわかりやすいけど、非常階段はわかり にくいため大丈夫かなあって不安になります。 運をいえばキリがない。でもいつ何かが身の上にふりかかると思うしかない んだよね、特に都会では。 その点田舎は少しは注意力が減りますが、それでも田舎なりの怖いものも あります。ケータイのアンテナばかり確認してないで体の中のアンテナも 鍛えておく必要がありそうだね。

taka1346yu at 23:45│話題