2010年10月24日

見苦しい

静観していたリニアルート、ここにきてようやくC案に決着しそう。 直線最短距離で結ぶルートなんだから当然、なのにここまで延びたのには A・Bの迂回ルートをめぐり紛糾してきた経緯がある。 その姿はこの国をダメにしてきた我田引水的発想しかしない政治家、地元 そして行政の三位一体のバカが合体しているところにある。 活性化の名のもと本当は自分のサイフや名誉のためしか考えてないまさに 小人の知恵、呆れてものが言えないとはこのこと。 誰の何のために作られるものか。 東京と大阪を結ぶ二大都市を活性化させ、その周囲も徐々に・・・というが 重要、だから数分でも遅れてはいけない。大幹線とはそういうものでしょう。 すぐに途中の都市なんかや変なとこも手を揚げ邪魔をするから、日本のイン フラは諸外国に比べ完全に遅れてしまった。 本来ならバブルまでに完全なインフラは終了し新たな国家戦略を立てていれ ば今みたいなジリ貧にならずに済んだというのに・・・ 成田は不便、関空があるのに神戸を作り伊丹は廃止しない。 新幹線は駅を作りすぎ、高速道路はクネクネし尻切れ状態が何年も続く。 そのくせ農道だの林道だの「えっこんなところに?」なんて場所にも道が ある。そのくせ地方は大都市まで時間がかかる。 いつまで公共事業の特にコンクリート系をあてにするのか。 日本くらいだよ、そこら中で工事ばかりしてるのは、しかも作ればいいん じゃなくて維持費や修繕費を考えると作った以上にお金も手間もかかる。 リニアについてはC案で喜ぶ飯田市は飯田駅の建設を目指すというがそれこ そが無駄、そこで停車し発車するためのコストは安くない。 私利私欲から大局を考え公共の利益や別の見地から地域活性化を目指し アイデアと協力で作り上げたものこそが名産・特産ではないでしょうか。 オイラもそういうのに関わってるけどすぐに補助金だの助成金だの言い アイデアを出せば「無理」「難しい」しか言わない場合は見切りをつけ てます。仕方がないけど自分が力を発揮できるまで待つしかないね。 そして何も出来なかった先人を大いに笑ってやりたいと思ってます。

taka1346yu at 20:11│話題