2010年11月28日

ありがたみ

常日頃は思わないのに何かのきっかけで強く思うことがある。 親が亡くなり親のありがたみを、病気や怪我をして健康のありがたみを そして今日は友のありがたみを知りました。 もう十年以上も会っていませんが学生時代の親友で当時は毎日のように授業・ バイト・飲み・バイク・・・と彼なしでは語れないほどの仲で誠実ながら無骨 で不器用なため喜ばされたようなことは記憶では数少ないものです。 いつだったか共通の友人の結婚式で再会したときはまるで当時がよみがえった かのように遅くまで話をし、次に会う日を約束することなくぶっきらぼうに 別れたけど心はいつもつながっているそんな気分にさせてくれました。 そんな友が私の気苦労を気遣ってくれたのか贈り物をしてくれました。 何も書いてありませんでしたが気持ちは痛いほど分かります。 送り主の欄に彼の名前を見たときは一瞬心がはちきれそうになりました。 不器用なくせして・・・ 頬がゆるむ自分と年のせいか涙腺も少し。 寒い空を見上げると奴と当時実力も経験も何もない若造どうし京都の賀茂川で バカ話していたときの空を思い出しました。 学生時代、専門学校時代、中学高校時代・・・それぞれに親友がいます。 しばらく会ってなくてもつながっている。 今日は強くそんな気持ちにさせられました。 そして今夜は地元の仲間達と語らいます。 世知辛い時代に生きる力となるのはオイラにとっては彼らでしょう。 さあて・・・

taka1346yu at 21:40│わたくし事