2010年12月21日

いじめ卒業文集

先日起きた高校生を通学途中に刺した事件。 この時期になると無差別事件が起きるなあと思いながらニュースを見てました。 しかしこれがワイドショーになると訳がわからない。 見なけりゃいいんだけど昼時は暇つぶしに見てしまう。 今回の件で気になったのは容疑者の卒業文集で「OOしそうな人」とかいうの があり、中でも「事件を起しそうな人」なんていうのが何位だったという結果 をさもありなんて映し出していた。 こういうのをな~んも考えないで紹介する番組の編集者たちの感覚を疑う。 これってイジメじゃないの? 確かに容疑者のやった行為は許せないものだと思う。しかし文集にあのような ことを書き、記録として残されることをどう考えるのか。 メディアは学校のいじめ問題をあれこれ追及する。 自分達に正義があると思えば暴走モードに入るくらい突っ走る。 なのにおまえらはいじめの温床になっている行為を見過ごすのか!!! 高校生はああいうのが面白く、他人の痛みも理解していない。 オイラも卒業文集や文化祭などでふざけて他人を傷つけるような行為をする 寸前に担任教師から大目玉を食らった。 「今は乗りでいいかもしれないけど、何十年経ってから恥ずかしいと思うぞ」 「子供が生まれたときに見せられるか」 この言葉に大勢が納得し、一見普通になった文集だが今見ても問題はない。 それが教師であり、教育のはず、なのにメディアときたら完全にスルー。 確か新潟女児殺害事件のHも卒業文集に散々書かれていて、同じく何の問題 提起もしないまま報じていた。 今回のことは事件が起こしたから善しとしている。 でも日本全国の99%以上の何もしてないのに書かれた連中はどうなんだろ う。そういうことを見過ごす教師はどうなんだろう。 しかも疑問を提起しているのがマスコミが悪の巣窟としている巨大掲示板の 方、どちらが正義なのかよくわからんねえ。 まあ今後どこのメディアが問題視するか注目しようと思います。

taka1346yu at 18:37│話題