2011年03月26日

言えないから・・・

やはりというか・・・悲しいことですが、被災地では凍死や自殺者が徐々に 増えているのだという。 凍死については被災した家にいて灯油も電気もないためのものや自動車に寝泊 りしていてガソリンが尽きてというもの。 自殺者はやはり家族の死、家も亡くなり、仕事も・・・そりゃもうどう考えて もがんばってなんて言えないでしょう。保険に入っていたらいいけど、地震保 険なんて滅多に入ってないだろうし、なによりこれだけ被災者が多いと個人の 補償もかなり少額になってしまう。 オイラも昨年の火事とか、親の死と大ダメージだった。 それを救ってくれたのは周囲の励ましや補償などで、本当に助けられたと実感 しているけど、被災者の人たちは周囲もたいへんだし補償もないしで、想像す るだけで胸が締め付けられる。 もう死にたいという人を止められるほどの力や言葉を持つ人さえいない。 ただでさえ窮地だった日本で、しかも地震前まで政治にも絶望状態だったんだ からどう考えても無理・・・。 生きてさえいれば何とかなるっていう希望があればいいんだけどね。 希望といえば「ショーシャンクに空に」っていう映画がぴったりなんだけど、 それを観て何とか思いとどまってなんていうのもなあ。 本当に無力というか、こういうときこそ素晴らしい人に登場してほしい。 絶望を希望に変える人!オイラはいないと思うよりも日本全国で熱望すれば 必ず現れてくれると思う。それがどういう人でどういう形になるのかまった くわからないけど、少なくとも被災者以外はあきらめちゃいけない。 せめてそれくらいしか出来ないけど・・・ 今の日本、これからの日本に必要な人をしっかりと見極めたいね。 それにしても本当に何とかなならないかなあ。

taka1346yu at 23:36│ひとりごと