2011年07月18日

決勝、快勝、優勝!

いやあ、サッカーで優勝なんつう日がついにやって来るなんて・・・ 世界との絶望的な距離を知っている世代には涙。 それが女子とはいえ、うれしいに変わりありません。 サッカーで優勝というのは単に勝つことと少し違います。 よくいわれるのが国ごとに戦略・戦術・技術・育成そしてチームワークがあり、 その上で運を引き寄せないと頂点に到達できません。 そこには国民性でもある身長・体重・体質を踏まえた日本式サッカーとでも いうべきものがあるため、今回の優勝はその日本式が結果を出したということ にもなります。 陸上の短距離は黒人が圧倒的、中距離は中東勢、長距離、フィールドなどスタ ート時点からDNAレベルで向き不向きがある競技がごとにあるというのは もはや常識となりました。 それを踏まえてサッカーを見た場合、先の話のようにやり方次第でチャンスが あったとはいえ、サッカー後進国だった日本が追いつくにはまだまだ先だと いうのが多くのサッカファンの見方だったでしょう。 今回の決勝は結果PK勝ちですが、内容は遜色ありません。 0-0なら少々不服もあります。しかし試合を1-1で終え、延長も1点リード されながらまた同点に追いつきそして勝利を手にしました。本当に立派! 今まで一度も勝ったことのない相手に土壇場で勝利するなんていうのは、 競技を超えても素晴らしいことではないでしょうか。 まさに死闘を制した決勝、恥ずかしくない試合内容でしたね。 今の時間に澤選手のMVPも発表されました。 日本サッカーのスタートの始まりの日になったのではないでしょうか・・・

taka1346yu at 07:11│スポーツ