2011年08月16日

見えない第三者

あ~あ、やっちゃた・・・ まんべくんのツイッター騒動を聞いてそう思った人は多いでしょう。 役所からも思想や政治の発言は控えるように言われていたのに、フォロワーが 増えたことで勘違いしたという意見もあちこちで見られました。 オイラも長年HPで掲示板をやってきたからよくわかる。 書いてくれる「友好的」な人がいる反面、そうじゃなく冷やかしや揚げ足取り を待つような人もわんさかいる。 書いてくれる人しか見てないととんでもないことが起こり、経験がない人ほど 急にそういう人間が現れたと思い逆切れし、さらにROM専だった人まで参戦 させてしまい炎上というのがネットの歴史であり常識。 オイラは友人やネットで知り合った人からも現実社会で注意、指摘を受けまく ったことで第三者の目を気にするようになり、何とか続けてこられました。 最初はこちらも正義感から反論してたりしたけど、やはり文章というのは相手 を目の当たりにしてないだけに感情的になりやすいため、現実よりもさらに 神経を尖らせなければならないと学習しました。 これが独裁的だったり、性善説ばかり唱えがちな人には理解してもらえず、ま た目の前にいないから虚勢をはったりすると・・・案の定そういうサイトは間 もなく消えていきました。 昔話をすると面白い話がわんさかあるんですけど、それはまた別の機会に紹介 させていただくとして、とにかく傷つけたり、怒らせたり、不愉快な思いを させたら、自分はそうじゃないと弁明するよりまずは謝罪です。 まずは相手に冷静になってもらう、もしくは自分の否を素直に認めそこから きちんとした対処をし誤解を解けば、逆によき理解者を増やすこともありました。 一番やってはいけないのが意固地になったり、頑固に押し通すことですね。 ここのところ本当に不祥事が増えました。 その原因は気軽にやれるところにあるように感じます。 気軽だから深く考えないことで対処法も見誤るのではないでしょうか。 また現実社会を説明しても社会常識すら通用しない人もいますからね。 現実ではケンカや口論なんてしたことがない、なのにネットでは・・・ 今後もまだまだ続いていくでしょう。

taka1346yu at 22:29│ネット