2011年08月25日

パージ

またまた紳助の話題になるんだけど、どうしてもモヤモヤが残る。 ほとんどの人もそうじゃないかな、なぜ今だったのかっていうこと。 これについては10月1日から新たな条例が始まる、羽賀被告の裁判に関係 しているなど一応説明はされているみたい。 そんな中でオイラの感じているのがテレビ界から大物を追放したいというもの。 どういうことかというと、昨今の不況でテレビ業界もかなり厳しいというのは 周知の事実、そのため過去にはなかったパチンコ関連、消費者金融、宗教など ご法度とされていたスポンサーがなだれ込んできました。 ある意味テレビCMの各が下がったことで、高級ブランドは本やネットに移行 していったともいわれており、その結果CM放送率が上がり、通販番組の乱立 など徐々に公共的な意味が薄れてきたのではないでしょうか。 そして安いギャラのタレント、安くで出来る番組が増え、テレビは横並びにな っていき、安いコンテンツとして韓流ものも目立ってきました。 局員の給料も一般よりは高額といえ、それでも下がってきたそうです。 そうなると最後に残されているのは大物タレント、長寿番組ということになっ てくるでしょう。先ごろのある暴露では一つの番組が2000万円で作られて おり、そのうち大物のギャラが1000万で残りの1000万で番組制作され ているというのがあり驚かされました。 その大物は誰かということになります。 タモリ、たけし、さんまの御三家はもちろん、ナイナイ、ダウンタウン、とん ねるず、みのもんたそして島田紳助という名前があがっていました。 そんな彼らに鈴をつけるのは至難の業、もちろん自ら退いてくれることもない でしょうから、何かの理由が必要。そして今回、人気も下がり不祥事もあった こともあり、億タレとはいえ今後の収支を考えたときに真っ先に切られること になったんじゃないかと思いますね。 なぜなら、彼以外にも裏社会との関わりがさらに強いと目されている大物や 中堅はごまんといますから。 もちろん一罰百戒や見せしめの意味もあるでしょう。 ニコ生でそういう業界の裏話を教えてくださる方がいました。 半年前くらだったかな、近々テレビは大再編を向かえることになると予想 されていたのを思い出しますし、ひょっとしたらこれがきっかけになり、 出演者や番組内容も変わってくるのかもしれません。 なににせよ、良くなればそれにこしたことはないんですけどね。 ある掲示板には天下り、談合、丸投げ、縁故・・・これらが一番酷いのは テレビ業界だと書かれていました。つまりは、この世界もいつかは必ず鉄槌 が下る時がくるはず、それが今回だったらいいけど、まだまだ続くようでは 民放テレビ自体無くしていいのでは?という話になるかもしれません。

taka1346yu at 22:03│テレビ