2011年11月28日

大阪バンザイ!

いやあ昨夜の大阪の選挙結果はすごかったなあ。 政党・組織・官僚・財界・・・今までの政治に深く関わってきた者達つまりは 利権や談合にまみれた団体とその対極の闘いといった感じでした。 現状維持で満足している連中は面白くないんでしょう。 しかしそうしたままでは先行きは不透明だし、そもそも自分たちが搾取できた のもいろんな人たちが順調だっただけで、不調になれば少しは考えればいいも のをな~んも考えないからこうなってしまうだろうな。 そりゃあ公務員の連中と話していても厳しいとは言うよ。 でもね感覚が民間とは全く違う。 奴らは「いやあ、海外旅行が厳しくなった、せいぜい国内旅行になったなあ」て 言ってたとしたら世の中は「旅行すら行けない、それどころか外食も無理」て 言ってるくらいの差がわかってないんだよな。 だから今回でも給料が下がると役人たちがいきり立ち、利権をかき回されると 政党がいい、電力にまでモノ言うなと財界が叫んでも一般人の鬼気せまるもの には到底及ばないほど彼らに対する怒りがマグマとなって年々積み重なって いることに気づかなかったのが悪いな。 まだおこぼれがあったり、なにがしらかのお目こぼしでもあれば寝たままだった といえるでしょう。でもね、もうそろそろ限界が来てるし、世界の状況もかなり 深刻になっているのが報道されているんだから早く気づけよバ~カて言いたい。 だから愉快・痛快・爽快! もちろんバラ色が待っているとは限らない、でも少なくとも何かが変わるには 全員が痛い目を見ないと同じ方向に動くのは無理っていうもんでしょう。 いろんなサイトやメディアの識者のコメントを読むと負け犬の遠吠えだらけ。 「それじゃあまあ手の内を見せてもらいましょか、数年後にはどうなってる やら」なんていう冷めた感じのものが多いけど、そもそも一地方のことより も本当はこの国の政治自体に向く問題なのになんか違う。 普通は選挙で勝っても負けても、その後は少しでも相手のことをなんて考え ることを勧めたくなるけど、今回はまったく思わない。 特に足を引っ張り、出自なんかの誹謗中傷や中道といいながら偏向報道した り、政治に参加した組合連中を厳しく粛清してほしいと思う。 ある意味、膿がはっきりした選挙でもあるからね。 もしその英断に迷いがあれば逆に食いつかれてしまうだろうな。 まっ府政で十分味わっただろうからそんなことはないと期待してるけど。 いい意味での独裁・独断そして行動を見せてほしい、がんばれ~!

taka1346yu at 23:55│ニュース