2012年01月30日

学者・・・

今日はのんびりしてて、先週金曜日に録画してた朝生を見ていました。 橋下市長と反橋下が激論を交わすというものですわ。 その対立の論客のまあヒドイこと。 大阪都構想に対する反論はほとんどなし、まあこちらについては異論をはさむ ようなことは逆に無理でしょう。 だいたい日本全国嫌々ながら市町村合併をしたんだからね。 広域行政を強制的にやらされ、橋下流のものでならまだ少しはマシだったか もしれないけど、単なる行政組織の再編だけでは良くなったことはほとんど なく新たな火種だけが残ってしまった。 そういうイライラのある地方の人間からするとゴネている人間の論理がまった く理解できない。逆に納得させてもらえるような話を聞きたかった。 それがな~んも心に響かないどころか、こいつらは橋下が好きか嫌いかだけで モノを言ってるんじゃないかと思うレベル、開いた口がふさがらない。 少し前に山口二郎という北大教授がまったくといっていいほど使い物にならな ず、学者に対して失望感しか残らなかったため、少しは出来る人が手を上げて きたのかと思いきや・・・さらに酷かったね。 なにせ「じゃあ、どうしたら大阪がよくなるんですか」と聞かれ即答で「そん なことはわからない」と答える姿にこれで大学教授?と疑ったし、その後の 議論でも不安だとか、混乱するの言葉の繰り返しに終始。 市長に具体的にと詰め寄るくせに、じゃあどう不安なのか、どう混乱してい るのか「具体的に」聞くとわからないじゃあ子供の言い草。 悲しいのが橋下の発言後に小さな声で「ヒトラーやん」だってさ。 サヨの論客に対し一番腹が立つのが、弱者の側、少数の側にいる自分たちに酔 っているとしか思えないこと。自身はしっかり保護されている上でね。 自分の職を賭してなんていうほどの人は皆無。 だから選挙という場で闘い賭した橋下に勝てるわけがない。 あと根底には「なんで今、自分のいるところでやるの?」というゴネも感じたな。 つまり他所で自分の生きてない時代ならどうでもいいというようなエゴ、 こういうのはサヨというより公の意識の少ない人に見られがちな論理だね。 だから自分に関係ない話、例えば医療とか年金、就職などそういうのに関して まったく触れない。こういうのは共産党や自民党の議員の方がまだふれて いた。共産党議員なんつうのはオワコンだから番組のつまに呼んだんだろ うけど、とにかく学者は最低最悪で政治や行政には口を出すなと言いたい。 だいたい過去を通じて学者の中で誰が良くなるような提案をしてきたろう。 ほとんどが御用がつくばかりで、今の状態に加担してきた連中ばかりじゃなか ろうか、その他は不安を煽るのが多いな。 もちろんそうじゃないと思うけど、そのくらい怒り心頭の現実離れ論にはうんざり。 ところで今日は何十年後かには人口が何人とかニュースで言ってた。 こういうのもまともに見てない。 なぜならなぜ今?という疑問がある。 行政は何かをしたくてデータを流すんだからまともに覚えなくていい。 今回の朝生見てたら国会中継はさらにクソだな。

taka1346yu at 22:58│TrackBack(0)テレビ 

トラックバックURL