2012年06月21日

ロンドンは燃えているか

キー局女子アナによるロンドン五輪CMが気持ち悪い。 「ロンドンドン、ロンドンドン、ロンドン、ロンドン・・・」 古い人間だと「あなたのロンドン、愉快なロンドン、ロンドン、ロンドン」 ていうキャバレーのCMを思い出すと思う。 応援するから応援団風、女子だから黒のガクランじゃなく赤のガクラン。 映像編集では才能豊かな人たちがいる中で、こりゃないわと思う。 できればカッコイイ音楽に乗せ、各スポーツの名場面を編集し、「観たい」 と思わせるようなCMがいいな。 あれだとオリンピックよりもレポートする女子アナに注目して欲しいみたい な変な気持ちになってしまう。 見てないから視覚的な我慢はできても、流してる場合に聴こえてくる音・・・ ホント勘弁してほしいわ。 ところで、オリンピックといえば、またメダルがどうとか言うでしょう。 中国が何個、韓国が何個の不毛な議論。 そんなのはまったく無意味なものだと思った方がいい。 重要なのは競技人口だったり、その国がどういう競技に人気があるかというこ とで、数を気にするのは中身を見ない売り上げ至上主義のようなものと同じ。 例えば日本は柔道という獲得しやすい競技がある。同じように韓国はテコンドー があるし、中国も卓球とかそういうのについて国が熱くなるのはいい。 でも重量挙げとか、ボート競技とか、そもそも触る機会ないようなものにまで 数を気にするのはアホらしい。 それよりもサッカーのようにプロが浸透し、本気の本気でトップを狙う方が 国際的な認識というもの。負けられない意地と意地とのぶつかりあい! 世界的な知名度は不人気競技の金メダリストよりW杯ベスト8の方がはるか に価値があると思う。 メダル強国はアメリカや中国、続いて社会主義の国が多い。 ふと考えるとフランスやイギリスなどの国、昔強かったドイツも最近は少な くなったし、ブラジルとかも力の入れようはさほどでもない。 でもサッカーは違うからね。 ん?サッカー強国と五輪強国はあきらかに違う。線引きができてるというか 価値観の違いが明らかにありそう・・・ やっぱね、数よりも内容だと思いますよ。 谷亮子の柔道軽い級よりも、競技人口の多い水泳やマラソンのメダルの方が 圧倒的に素晴らしいというのがオイラの個人的考え。 確かに世界一はスゴイけど、なんかギネスのげてもの世界一みたいな感覚と 真の世界的競技とをごっちゃするのは良くないと思う。 つまり、負けてほしくないものと、参加することに意義がある程度のものを 同列にしない方がいいと思うな。 日本はスポーツに関しては先進国だと思うんですよ。 人気の野球やサッカーは次から次にいい選手を輩出しているし、人気のある バレーやテニス、ラグビー、水泳、ゴルフ、スキー、フィギュア・・・ そこそこ世界でがんばってます。 とはいえ、陰で一生懸命がんばっている人たちが、4年に一度陽の目を見ら れる大会なので、注目したり応援したりするのは当然のこと。 フェンシングやアーチェリーとかレスリングとかは必ず見ている。 じゃあ何が問題なのか。 最初に戻ると各局が五輪視聴率を上げるために煽るからおかしくなる。 スポーツとはどういうものか、根本的なものがないテレビ局に権利があるから バカらしいメダル数主義がはびこってしまうのかもしれない。 ちなみに海外ではメダルどころか、人気のない競技なんて放映されない。 そう考えると一応はいろいろ流す日本て優しいのか、厳しいのか・・・ ん~よくわかりませんね。

taka1346yu at 23:37│TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL