2012年07月25日

メダルよりも・・・

オリンピックの盛り上がりがいまいちなのだという。 考えてみると東京オリンピック辺りから、テレビで放送されるようになり、もう かなりの年月が経ったわけで、その間に数多くの「珍しいもの」を見聞きして きたわけですから、新たな刺激というのもどうなんだか。 家電業界ではまたテレビが売れないか皮算用してたみたいだけど、地デジ化に ともない買い換えたというのがつい一年前、スマホやケータイじゃあるまいし この不景気なご時世に購買意欲はわかないでしょう。 ホント、メディアはステレオタイプが未だに続いていますよね。 そんなメディアはどこをどう見てもメダルの数ばかり。 よく考えると金メダルを獲ってどうなんだろうと思う。 社会主義国や貧しい国では獲得することで一生不自由ない暮らしが約束される メリットがある。でも日本じゃ、ごくたまに特番の「あの人は今」でメダリスト が現在どんな暮らしをしているか、一発芸人と同等の扱い。 以前にも書いたけど、だからといってバカにしているわけじゃなく、こういう 時だからこそマイナー競技に焦点を当ててほしい。 しかしメダルが獲れそうなものしかしないんだよなあ・・・ とはいえ、メディア側にも事情がありそう。 なにせ放映権の高騰があまりにも酷いというか、これでアマチュア精神がどう とか言える時代はもう終わるんじゃないだろうか。 商業五輪の先駆けとなったロスの時でIOCに支払ったのが45億円。 それが北京では198億円で今回はバンクーバーと合わせて325億円だって!!! 次回はさらに10%高騰するんだとか、あきれてモノが言えないとはこのこと。 こうなると発展途上国はどうなるんだろうか。 そういえば、W杯でも予選の試合中継を出来ない国があるというニュースを 見た。韓国も前回の試合は地元にも関わらず放送が危なかった。スポーツ中継 はこの先どうなっていくんだろうか。 こうなるとマイナー競技を放送しようなんていう局はないだろうし、それど ころか放送すら出来ない局も出てくるんじゃないかと危惧されている。 そういうのを聞かされると純粋な目で見れなくなってしまう。 視聴者は飽き、メディアは放映権で四苦八苦、選手は特別儲かるわけでもなく 多額のお金は一体どこに消えていくのでしょうか。 そんなスポーツ祭典で喜んでいるのはごくごく一部? 先日、荒廃した北京五輪の跡地があがっていました。 スポーツはごく一部のエリートがするためのものなんていう国は、はっきり いって国民の福利厚生を無視している国だと思う。 娯楽や健康の一つとして老若男女が楽しめることが何よりで、日本も曲がり角 に来ていると感じます。 最後に選手の全員にドラマがあり、国別のメダル数なんてどうだっていい。 そう思わせるような動画あがっていて人気になっています。 これを見ると全員を応援したくなります。 「Best Job(母の愛)」120秒篇

taka1346yu at 23:53│TrackBack(1)スポーツ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. dating  [ dating ]   2013年09月08日 13:17
in the event you want, I’ll create you posts. Copywriter searching for work