2012年07月27日

オリンピックサッカー予選スペイン戦

オリンピック予選のスペイン戦の真っ最中はBBQしてたので、じっくり見れ ませんでした。今日ようやくビデオで見ましたが、日本の奮闘に驚きました。 まずずっと前から謎だったことが氷解しました。 オイラ以外にもたぶん同じように思った人はいたでしょう。 なぜ永井をトップに置かないのか、なぜ大津なのか。 今回のスペイン戦というか、オリンピックまでの切り札だったんでしょう。 決してハーフウェイ付近から下がることなく、かといって守備をサボるのでは なく、相手が下げたボールにはプレッシャーに行く。 この献身的な努力が他のFWにも浸透し、MFたちを助け、ひいてはDFも 余裕をもって対処することが出来ました。もちろん彼だけの活躍じゃないけど、 今までもそうできたことを隠していたことに監督の凄さを知りました。 そもそもこの関塚監督、批判をする人がけっこういました。 オイラもその一人だったけど、協会からのごり押し推薦選手、逆に自らが発掘 してきた選手を上手に使っていると高評価を受けており、そういう目線で見る ようになってからは少しずつ見直していました。 今回では東が宇佐美加入によって発奮しているし、またその宇佐美も永井同様 切り札になりそうな選手です。 過去の代表は守ることには秀でていたけど、こと攻撃に関してはまだまだ世界 との差を痛感、でも今回の五輪は期待させてくれるものがあります。 ただ怖いのはビックゲームを勝った次の試合、大金星の次の試合は格下相手 でも落としてしまうというサッカーにおけるジンクスがあります。 あのマイアミの奇跡でブラジルに勝利した次も落としました。 精根尽きはてる、その試合に集中しすぎ次が手薄になる、怪我人を出してしま ってなど、いろいろ理由はあるでしょう。 今回も数人の怪我人がいますが、控えにも良い選手がいるため、何とかやって くれると信じています。 あと一つの世界との差はフィニッシュが枠に行くかどうかの確率ですね。 完全にふかすのと、確実に枠内に収まるシュートではどちらがボディブロー のようにDFに効いてくるか明白。見てる側もイライラしますよね。 とにかく男子も女子も次の試合でしょう。 日本はホント強くなった!!!

taka1346yu at 20:35│TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL