2012年09月14日

ほくそ笑み中

中国は大丈夫なんだろうか。 やばい、やばすぎる。 いろんな情報が流れているけど、はたして真相は? まず反日が起爆剤になりそうな感じ。 はっきりいって反日の人と反政府を比べたら圧倒的に後者が多い。 なぜなら日中は65年前の話、共産党による虐殺はその半分前。 南京の証人は少ないけど文革、大躍進政策の証人は圧倒的。 しかも現在の貧富の格差は日本のせいじゃなく失政によるもの。 なんか中国政府は火消しに走ってるけど、この週末はやばそう。 特に18日が山場といわれているみたい。 下手したら第二の天安門事件になる可能性も出てる。 そして次の段階が日本はもう中国と縁を切ろうとしていること。 多くの企業が今回の件でもそうだし、前にも書いたようにコストや条件 など、あまりにも酷いため脱出が加速しだしたというニュースも。 あと昨日も書いた旅行者についても見放しているしね。 もう中国イラネが共通認識になりつつある。 たぶんサヨの連中が「中国に迷惑をかけた日本」なんて言ったらしばかれるわ。 大震災の経験もあり、脱中国で苦しくなっても日本人が一致団結すれば良し! という意見もあちこちから出始めている。 こりゃあやばいよ~ 戦争なんてきな臭い話が出てるけど、人民解放軍はいいとしても、もし民間人 が武器を持ったら、その矛先は本当に日本に向くかな? それくらいわからなくなってる。 そしたら今日は「日本の軍事力はアメリカに次いですごい、中国はあと30年 追いつけない」なんていう記事が登場。 おいおいどうした~中国、確かに合同訓練でもアメリカの特殊部隊を凌駕して いて、いまだに忍者がいるといわれているからな。 というわけで、不利なのは中国。 それどころか、政変が起きそうな気配が濃厚。 まじでやばい! ただ一つだけ解せないのは、いま中東でおかしな動画のために騒動が起こって いるのがどうも理解不能。アメリカはまた一波乱起こしたいんじゃないか。 今の世界情勢はまだまだ先行きが霧の中、日本の政局はどうでもいいか。

taka1346yu at 23:45│TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL