2012年11月27日

火中から逃げるw

選挙戦間近で徐々にヒートアップ。 しかし何がなんだかさっぱりわからない。 民主党は終わってるし、対抗馬の自民党もな~んも代わり映えしない。 第三極も四極も肝心な違いは今ひとつ。 やはり柱となる部分で闘ってほしいのに、消費税・TPP・脱原発では 郵政選挙で国政を4年遅らせたのを思い出した。 まあそれは置いといて、だからこそ論戦を期待したいし、それにはぶつ切り 編集のテレビよりもずっと前から国会中継や記者会見を丸々放送してくれる ニコ生こそ最もいいメディアだと思う。 そしたら民主の安住氏が断ってしまった。 理由はネットはネトウヨが多くて偏見が多いだからだって。 これにはニコ生の社長も立腹してたけど、そもそもウヨレッテルの理由が 酷いと思う。 というのも、思ったほど右よりの意見は少ない。 どちらかといえば、普通というか真ん中でしょうね。 諸外国と比べても軍隊もなく、国旗に対する侮辱罪もなく、スパイ防止法を はじめとした思想や言論の統制も無い日本は自由すぎるくらい。 つまりはまともな国、世界標準にしろという意見を右ととるのかどうか。 そして少しでもその方向に行くと、極右といい出す近隣の国。 ネットでは「自分たちに都合の悪いことはすべて極右」と揶揄されている。 中国や韓国の特徴は言論統制で都合の悪い部分は見させない、言わせない、 聞かせないの三拍子で、反対意見に対して真摯な反応をしないというのが特徴 でしょう。でも、これって民主と同じちゃうか。 安住氏に戻ると、罵詈雑言を言われるのはわかっているんでしょう。 でもそうなってしまったのは自分たちの責任であり、それでも選挙戦を戦う なら、あえて火中の栗を拾わないと結果は目に見えていますよね。 この国を指導していく人たちがそんなだから、若い人たちにあれこれ言っても 心に響かないわけだ。信念があればどんなところでもいって話そうとするもの だろうに、もうすでに底が見えた感じだね。 ま、党内でも一部の人たちのみで決定してたようだから無理もないかな。

taka1346yu at 22:43│TrackBack(0)話題 

トラックバックURL