2013年03月27日

最終予選ヨルダン戦

なんやかんや言いながら、スポーツにはびこる勝利至上主義。 昨今は柔道界があれこれ問題が出たり、WBCでも胸を張れるベスト4なのに 戦犯をあぶりだそうとする報道は嫌気がさします。 昨日はサッカー日本代表のW杯最終予選ヨルダン戦でした。 各下とはいえ、アウェイだし国の威信がかかれば、特に中東の地では何がある かわからない。本田、長友を欠いては厳しいだろうなというのが戦前予想でした。 フタを開けばやはり、気温は高いし、グランドに水を撒きデコボコ。 日本サッカーは上手くなり綺麗なスタイルな分、そうした荒地だったり、相手 がフィジカルを駆使して対戦してくることには未だに苦戦しがちです。 敵チームもそうしたことを研究しているだけに挑発やはてはレーザーまで登場 する悪質さもあり、先制されたときは逆にどう対処するか注目していました。 その後追加されたわけですが、1点を返し、すぐにPKを奪えたことはかなり 評価していいんじゃないかな。遠藤の失敗は痛かったけど、もう出場権を無く したわけでもなく、今のうちに反省点をあぶりだす事が大切だと思う。 サッカーファンは最近日本が強くなったから忘れているのかもしれない。 南アフリカW杯の前の連敗状態、背水の陣でのぞみレギュラー陣を入れ替えし、 そこから松井、本田、長友、川島が登場、香川は選ばれてもいません。 だからこの最終予選のメンバー=ブラジル大会のレギュラーじゃないでしょう。 逆に入れ替わるくらいでないと日本は強くなったといえない。 新陳代謝がよく、若手が次々登場するようでないと先が見えません。 昨日の試合では批判を受けた遠藤そして今野の所属するガンバはJ2。 まだ彼らが選ばれている時点でJ1は何してるの?て感じ。 特に遠藤に継ぐ試合を組み立てられる選手が登場しないと、今後ますます 厳しい状態になっていくような気がします。 そういうのも負けの中から分析されていくことでしょう。 残りの2戦はまた違った試合展開が見られると期待しています。 それにしても中東でワールドカップをという話がありますが、こちらについ ては大反対ですね。気温に加えて中東の笛やファンの悪質さにはサッカー ファンとして頭に来ます。どこかの国と同じじゃないか!と。

taka1346yu at 21:47│TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL