2013年04月20日

急ぎバカ

この頃運転してたり、町を歩いている時に運転している人を観察していると、 荒っぽいタイプに女性が多いと感じるようになった。 以前だと若い人が筆頭で、その次が中年親父だった。 それが女性でもちょうど子供が小~高校生がいるくらいの人が、車間距離を 詰めたり、スピードを出したり、近道に急いだり余裕のない運転をする。 特に頭に来るのが、街の狭い道に子供が歩いていても平気で飛ばす人。 思わず大声を出してしまうことも・・・ 彼女たちの頭には「歩行者優先」というものがない。 最近の事故のニュースでも30~50代女性のものが目立つ。 知り合いの女性はこう話した「主婦は忙しいんですよ」 仕事、子供の迎え、家事とそれこそ分刻みだと主張した。 もちろんその論はよ~くわかる。 でも、運転している人ならわかると思うけど、たかだか5分や10分のことで 事故を起こしたり、人にケガをさせたりしたらとんでもないこと。 そうなれば何日も休むことになったり、稼ぎは飛ぶは、最悪だと逮捕でしょ。 そんな危険は犯したくないというのが、年をとれば誰だってわかるし、一昔前 のような行け行けどんどんの時代も終わり、そんなに急ぐこともない。 急ぐ人というのは急ぐ自分に酔ってる感があり、日ごろ「忙しい」を口癖に している。オイラは真剣に過労死しかけた人間なので、どのくらい働きづめ になれば命に関わるかを知っているため、忙しいなんて詭弁だと話す。 本当に忙しいというのはトイレや風呂、食事さえも行く暇がなく、まして寝 る暇も、自分がどう生きているのかもわからないくらい。 何日、何曜日、一日の時間もまして四季さえもわからない、それが本当に忙 しいっていうもんだよ。軽々しく忙しいなんて言うなと思う。 逆に忙しいを連発する人ほど観察すれば、無駄な時間や無駄なことばかりして たり、それによって大切な時間を割き、結局は忙しさを作っている。 はっきりいって無能な人がほとんどだ。 車の運転からずい分それてしまった。 何にせよ、気持ちの焦りから重大なことになってしまうバカバカしさを知ら ないと取り返しのつかないことになってしまう。 本当に回転が早く、いざという時に急げる人は普段余裕がある。 せかせかしてる人ほど・・・ここまで。

taka1346yu at 23:26│TrackBack(0)人間観察 

トラックバックURL