2013年05月25日

日本への戦略

最近中国と韓国についてふと思うことがあります。 両国ともよく知られた反日国家で、その難癖は理解不能なレベルどころか、 おまえさんたちは日本よりも自国がたいへんじゃないのか?と言いたくなる くらい実際どちらも尻に火が付いています。 歴史認識とか反省とかいうけど、それも70年前のこと。 中国はそれよりも文化大革命や天安門事件が近々だったし、韓国についても 朝鮮戦争や光州事件など生々しいものがたくさんあります。 日本人なら戦争はとっくの昔で、問題はバブル後から復活だったり、最近では 民主党政権の打撃からも回復したいところで、はっきりいって中韓なんてどう でもいいのに、逆に彼らはそれが気に入らないんでしょう。 嫌い嫌いと言いながら、見てよ、振り向いてよ、気にしてよ・・・ん~うざい! それならば、好かれようと思えば見てあげたいけど、よく男の子が好きな子に ちょっかい出すようにいろいろしてくるよね。そんな可愛いもんじゃないけど。 そしたらついに日本も大激怒状態になった。 自民党政権下でも両国におもねる議員がいたけど、自民大敗時にそういう老害 が一掃されてしまった。いま観察すると調整役さえほとんどいない。 その結果、とうとう振り向きもしないし、見捨ててもいい世論。 逆に過去のように媚びてしまうとやばいくらいになっている。 そして、オイラが考えるのがここからなんですよ。 どういうことかといえば、それでもなおパク・クネ大統領は反日を慰安婦の 件で揺さぶってきました。しかしこんなのは戦略にもならない。 日本もそもそも日韓基本条約があるし、大体責任を感じる人間自体ほとんど 生き残ってないどころか、戦後他国に戦争をしかけてない。 はっきりいって、暖簾に腕おし。 そうこうしているうちに、中韓ともデフォルトの可能性が噂されている。 中国も最近は反日が少し影をひそめたし、韓国は7月にスワップ終了。 それでも止めない、いや止められない反日・・・ ん?ひょっとしたら、一回自国に大打撃を与え、そこを日本が救済。 そして、そこから親日とまではいかなくても反日を終了させようという腹づ もりは考えられないだろうか。もしそうなら賢いけど。 ま、この可能性は20~30%くらいだと思いますけどね。 もしオイラが韓国の大統領なら、そうするけどならば少しは今の時点でも 関係を保ちたいところ・・・やっぱ違うかな。 とにかく、嫌ってるような国にどうこうしてあげようなんて無理でしょ。 日本人の性格を知っていれば、戦略は簡単なのに本当にバカだと思う。 その点では大戦後に跳梁跋扈してた周恩来、訒小平、朴大統領・・・ 彼らはしたたかで賢いなって思いますね。

taka1346yu at 22:17│TrackBack(0)ひとりごと 

トラックバックURL