2013年05月30日

今日のあれこれ

いよいよオーストラリア戦を前にした、代表の調整です。 本田選手を欠いてもなかなかの顔ぶれ、相手はヨーロッパの強豪の一つブル ガリア、しばらく元気がなったけど復活しつつあるようです。 試合開始から終始、ブルガリアペースでしたね。 日本はパスカットもいいし、ディフェンスもそんなに悪くないけど、気になっ たのは、ボールを獲った後に周りを見て探すこと。 これでビルドアップの時間をかなりロスしています。 特に日本は俊敏なパス回しをすれば、かなり得点の期待が高まるため、逆に 少しの遅れで相手の守備の時間を作ってしまい、チャンスを逸していました。 シュートがゴール枠内に行かない不正確なものにもなったでしょう。 ブルガリアがミドルでさえも枠にいく姿を見て驚いたし、何より案外小柄な 選手が多いのに、フィジカルの強さに驚きました。 まだ時間があるんで、これから調整してくれることでしょう。 疲れもあったろうし、悪くはなかったんでAUS戦に期待します。 話は変って、今日は橋下市長の問責決議がどうなるか注目していました。 大阪市長の問責は初めてのことだそうです。 そしてその原因が市政の混乱と大阪のイメージダウンということだけど、 ネットを通じて国内、国外の反響を見ていると概ね悪くはない感じ。 反対なのは特亜、サヨ、日本のメディアくらいでその他の国々は沈黙してる し、日本国内の一般市民の意見もよく言ったというのを目にします。 そういう状態での問責? なんていうか、内容よりもいつもの橋下憎しだけの印象があり、あまりいい 戦術じゃないだけに、落としどころがどうなるか注目してました。 そしたら否決だって、もう笑うしかない。 そうなると市政を混乱させているのは議員ていうことになる。 びびったんだろうね。 市長が問責が可決されたら、辞職して選挙で信を問うと発言。 そして解散選挙を恐れ、急にトーンダウンしてしまった。 本当に情けないというか、恥さらしとしか言えない。 日ごろは「独裁だ!」なんて、叫んでいるけど独裁政権下の多くの国でも それに抗う政治家はたくさんいた。それなのに・・・ 屁たれ大阪市会議員、もう完全に市民に見限られたぞ。 そしてメディアも相変わらずの憎い視点ばかりだけど、そうすればそうする ほど判官贔屓の強い大阪では逆効果でしょう。 やっぱ政策の方をきちんと見て、実現・実効性を語ってくれる対橋下戦略で ないと、自分の生き残りだけじゃねえ。 これから負け犬の遠吠えがどうなってるか調べたいと思います。

taka1346yu at 23:20│TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL