2013年06月16日

VSブラジル戦

いよいよ始まったコンフェデ杯。 海外で活躍する選手が増えたとはいえ、W杯アジア予選の内容は芳しいもの ではありませんでした。このあたりで苦戦し、アウェイではやられてしまう ようでは世界強豪の一角ブラジル相手ではどうなるか注目してました。 少しはやってくれるかと思ったら、いきなり先制を許し追いかけるスタート。 前半はまだまだ期待させてくれるものがあったけど、試合巧者だけに時間が 経つと徐々に疲労させられてきました。 そのため不正確なパス、セカンドボール支配率の低下、カウンターはあっさり 奪い取られ、DFラインも下がってしまい、ますますブラジル優勢。 これが世界との明確な差だと思ったファンも多いでしょうね。 後半も開始早々いきなり得点を許し、あとは日本が得点できるかに集中して 見てたけど、遠藤がつぶされ、香川も完全マーク。 こうなるとフリーな選手を使えばいいのに、狭い場所ばかり選択し、ゴールが かなり遠くに感じました。 フリーで長谷部がシュートが遅かったこと、長友は上がらないならまったく 精彩を欠いていたこと、内田は体力消耗とともに酷くなっていき、その負担 からか吉田、今野のミスが目立ち始め、怖い怖いと思ってたら案の定3点目を 許す結果となりました。 今回の印象では、もう今の先発メンバーは賞味期限が過ぎたという感じ。 遠藤、今野、岡崎、長谷部の四人はそろそろ控えか、代表からはずし若い人 たちに代替わりさせた方がいいでしょう。 その次に長友、内田の先発もどうかな? とにかく、コンフェデの試合内容で今後は大幅に変更してほしい。 今は苦しいけど、南ア大会でも本番直前まで酷かったんだからね。 今回は残念ながら、予選突破は絶望的でしょう。 ならば次のステップのために、何か得るものがほしいと願います。 それにしても芝が酷いよw

taka1346yu at 06:20│TrackBack(0)わたくし事 

トラックバックURL