2013年06月20日

イタリア戦

いやあ、惜しかった。 久しぶりに面白い試合内容だったから、勝って終われば最高でした。 しかも1点差だしね。 思うに、代表として合流した期間がちょうどいい感じになってきたんでしょう。 どんな強豪でも時間が短ければ難しいといわれてましたしね。 そこがクラブとの思惑でかなりたいへん。 だから、W杯になるとどちらを優先するか、有力クラブにいる選手が少なく 合流期間を長くできる国が、意外に好結果なこともありました。 本大会前にクラブ選手権があり、そちらで死力を尽くした選手が多かった 強豪国が予選リーグ敗退なんていうのも。 ともなく、日本代表もじっくり腰をすえれば、高いパフォーマンスを持ってい る潜在能力の高さを証明してくれたように感じました。 それが例えイタリア相手でもまったくひけを取りません。 ただここに来て、DFのまずさが際立ってきました。 今回でも2失点は仕方ないにせよ、残りの2失点は完全なミス。 またブラジル戦でも最後の3点目は余計でしたしね。 予選リーグでは必ず得失点がからんできます。 先日のW杯アジア最終予選でもウズベキスタンが韓国と同率になりながら、 1点に泣く結果となってしまいました。 日本にとって課題だった攻撃陣が育ち始め、また日本的なパスサッカーも ようやくはっきりしたものになってきただけに、守備のまざすは水をさす ものとなってしまいますよね。 今まで日本のゲームリーダーは守備的な人が多かったものです。 ところが攻撃を起点とする人、例えば中田や本田のような人がやると、点を 取れるけど取られるという結果にもなっているように思います。 ま、問題はもっと違うところにあるのでしょうが、ミスをした吉田が誰かの 声に反応したということで、指示を出した者が的確にできているのか。 またマークのミスや守備位置のミスも目立つため、そういうのが気になって 仕方ないけど・・・ん~そう考えると案外川島の指示かなあ? 一応の課題が明確になってきたので、本大会までに変ってくるでしょう。 とにかくメキシコ戦では、出てない選手を出すなんていう甘いものではなく きっちりベストメンバーで勝ってほしいと思います。

taka1346yu at 23:32│TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL