2013年06月21日

読めない名前は・・・

最近、DQNネームことキラキラネームが浸透してるようでもあり、逆に そういうのは反対という傾向もある。 オイラもいろんな場面であるんだけど、名前が読めないのは辛い。 こちらは普通の人よりも漢字には強いほうなのに、読める率は50%にも 届かず、また読めないことでムッとされるのがそれ以上に腹が立つ。 だってDQNネームつける環境の人で賢いなあって思うことないもん。 バカにバカにされるほど頭に来ることってないからね。 面白い記事があった。 「自営業です。キラキラネームは採用しません」――。 フリガナがないと読むのが難しい、ユニークな名前のことを俗に「キラキラネ ーム」と呼ぶが、 そういう名前の応募者は採用しない方針だというコメント が、弁護士ドットコムが5月に配信した記事に対して投稿された。 コメントの投稿者は「うちに面接にきたキラキラネームの人は、100%自己中で、 採用を断ったら親が出てきて、 『うちの子の何が気に入らないのか?』とモン ペアされました」と記している。 さらに、「キラキラネームを付ける親が自己中、自己顕示欲が強く協調性がな いので、子も然り。名は体を表す・・・は本当ですよ」と持論を展開している。 名は体を表すというのは間違いないでしょう。 意味の無い名前や自分の思いや子供への思いがそこにはあるのだから。 だからこそ、バカの考えていることは理解不能。 まあ障害者用の駐車スペースに停めたり、車はDQN仕様だったり、外見も 夜でもサングラスやドンキファッション、食事のマナーはなってなくて、 見るからに「自分はバカ」と公言してるような者ばかりだから。 記事ではこういう名前の子を採用しないのは、法律違反ではないかという ものだったけど・・・ 「自己の営業のために労働者を雇傭(こよう)するにあたり、いかなる者を 雇い入れるか、 いかなる条件でこれを雇うかについて、法律その他による 特別の制限がない限り、原則として自由にこれを決定することができる」 つまり、どのような人間を採用するかどうかを決めるのは、基本的に雇用主 の自由であると、判例は示しているわけだ。 バカ親のせいで就職できないなんていう時代がやってきそう。 そして子供から訴えられる、もしくは簡単に改名できる時代もね。 子供は親の所有物じゃないんだよ! 自分は親にそう言ってきたくせに、自分が親になるとまったくわからない。 DQN過ぎてわからないんだよね。子供がかわいそう・・・半分笑えるけど。

taka1346yu at 23:06│TrackBack(0)人間観察 

トラックバックURL