2013年07月15日

また?

よく韓国人が後先考えないでやっちまうなあって書いてるけど、日本人も 同じような者がたまに登場するのが通称バカ発見器。 ツィッターやフェイスブック、ブログによくあり、自分は仲間内にしか発信 してないと思ってるけど、実は多くの人が見てたり、しかも好意的に思って いる人ばかりじゃないということも知るべきでしょう。 オイラも長いことやってるけど、好意的よりも、アホかこいつみたいに 読んでる人の方が多いと思っている。だからこそ発言も注意し、普段の方が もっと過激なことを言ってるけど、やや封印していると思う。 そして今回の騒動。 ローソンの経営者の息子なのか、バイトなのか詳細はわからないけど、アイス の冷凍庫の中に入るふざけた写真を公開した。 それを見た多くの人が不衛生だと反応し、中にはローソン本社に凸した人も いたようで、結果その店は契約解除されることとなった。 いわゆる「高い代償」ていうやつです。 こういうことをしたら、どうなるかっていう想像力があまりにも低い。 ただ、それを言うと町を走る車の運転で同じような欠如人間が多いから、彼だ けじゃないんだけど、ウケを狙ったのか、何がしたかったのかわからないまま せっかくのお店が台無しとは。 しかも、自分が投資したものならいいけど、親だったり、バイト先であったと したら、その責任はどうなってしまうんでしょうね。 よく自分ではわからない過失っていうのがあります。 オイラも「これくらいは大丈夫」みたいなことを仲間から注意されたり、 先輩などからだと怒られたりもしました。 そういう経験があると少し間を置いて行動するようになるものです。 だから、逆にな~んも考えずに人から後ろ指を刺される行動する人は、そう した注意してくれたり、諌めてくれる良い人が周囲にいないんだと言う人も いました。「注意されるっていうことは大切なんだよ」ってね。 ただ中には注意される=なめられた、ケンカ売られたなんて判断する人もいて そうなると、せっかく周囲に良い人がいるのに、誰も関わらなくなってしまう 寂しい人もいました。 何にせよ、自分は絶対に正しいなんてことはありません。 日々間違いながらも、どうにか大事にならずに過ごしています。 今回の件も単なる遠い話じゃなく、いつ自分にも降りかかるかわからない 出来事として心に留めておかないと・・・ ローソンのアイス用冷蔵庫事件まとめ

taka1346yu at 20:54│TrackBack(0)ネット 

トラックバックURL