2004年12月

2004年12月31日

ゆく年くる年

今年一年もお付き合いいただき本当にありがとうございました。 HPの思いとしては、今書いてるようにブログというものが新しくNETに 登場し、従来のホームページのあり方が変化してきました。 パソコン人口も爆発的に増え、HPも乱立し、一つの分野で驚くほどの数に なってしまい閲覧する人も迷う事でしょうし、管理側もヒット数は多くても 交流が少なくなっている現象に存続をあきらめる人も。 そういうときに簡単に始められるブログはまさにもってこいのアイテム。 それにしても双方向を売りにしてたインターネットですが、まだまだ先が 予想できませんよね。 フォーラム-掲示板-チャット-ICQ-メッセンジャー・・・ いくつもの流行がありました。 このブログも未来永劫のものではないと思います。 友達作りを目指してはじめたものですから、少々寂しい気もしますが、仕方が ないですよね。それが時代というものですから。 ただ、今までもそうでしたがここを通じて出会った素晴らしい人がいましたの で、まだまだ出会っていない人がいると思うと残念でなりません。 わたし自身にまだまだ未熟者だと思わせてくれた方々に感謝しています。 来年もいい出会いがあることを願って・・・

taka1346yu at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)街角 

2004年12月30日

犯人逮捕

奈良の小学生誘拐殺人事件の容疑者逮捕に驚きました。 一番びっくりしたのは本人なんだろうけど。 なにせ今日の朝も何も感じず「自分の容疑は晴れた」宣言してたというから 警察もなかなか精神的ダメージを与えますね。(笑) まあ多くの人がそんなことで許せるとは思ってないんですけど。 今後はいろんな追加情報が週刊誌やTVで報道されることでしょう。 でも残念ながら正月をはさむこととなり、編集者はどうなってることやら。 休みも返上で収集に走り回ってることになるのでしょうか。 今のとこでは少女の写真を見せびらかしていたというのだから本当にアホ。 また以前にも同種の前科があるらしいから、やはりこういうのは病気の一種 なんでしょう。性犯罪者へ厳しい対応が求められてる欧米と同様になっていく 気がする。 私の周りのほとんどの人が死刑だと叫ぶ。 もちろん私も右に倣え。 まああくまで容疑者であり、裁判が進まないと断定してはいけないのですが、 こういう時期に死刑廃止論者はモノを言うべきだろう。 死刑はいけないとね。 日本人は死者を悪くいわないから、(最近はそうでもなくなってきたけど) 死刑執行後に廃止を叫ぶとなんとなく可哀想だという同情論が沸き起こる。 そして廃止論者もそういうときばかり・・・ それはアンフェアというものだろう。 多分、今回の事件は精神鑑定でどうというのはないような気がする。 あれだけ周到に行われているのだからね。 警察の記者会見では「遺族の一部の無念をはらした」と表現。 そう一部なんですよね。 恨みもない、無垢な少女を自己の快楽のためだけに行われた犯行。 ご冥福を祈るとともに、死してなお地獄の猛火に焼かれる事を望む。 いくら反省してももう遅すぎる・・・

taka1346yu at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ニュース 

2004年12月29日

今年はヤフオクを利用しました

今年も残り後わずか。 性格的には節目の事なんてどうでもいいと考えるタイプなんだけど、それでも 一年単位で物事を考えるのは重要だととらえる。 この一年は本当にヒドイと感じた。 我慢も必要だけれど、先行きにこれだけ不安があるとそれも限界に近い。 ただ不景気だ。ダメだ。あきらめようというのも悲しい。 よく考えれば戦争後やオイルショックなんかもあったんだもんね。 一つだけ違うとすれば、多くの人が一度天国を見てしまったことだろう。 バブルで浪費癖がついてしまったことが悔やまれる・・・人もいるだろう。 ないならないなりに生活のランクを考えればいいが、いらぬ見栄やプライドが 捨てきれない人には苦しいと思う。 例えば、私なんかも浪費した人間で、当時はこの生活が変わることになれば どうなるか考えた事があり、不安にもなった。 しかし今ではわりと平気で、ヤフオクの中古商品も抵抗がない。 先のような人ではそういう中古品にも抵抗を感じるようだ。 もちろんUSEDのすべてが信用できないから、絶対にいいとは言い切れない けど、絶対に嫌だというのもね。 来年もお世話になることだろう。 10回買ったうちの2つくらいをはずしてしまうけど、それでも満足のいく 結果で終わっている。 思えばプライドとの闘いの一年だった。 今では気が楽になっているのを成長したと見るのか、堕落したと考えるか。 答えはまだまだ先のように思う。

taka1346yu at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)街角 

2004年12月28日

誰も予言してないの?

津波被害の報告は日に日に凄まじさを増している。 聞けば今世紀でも四番目の規模M9.0以上だとか。 死者も現段階で2万5千人を突破するのは必至。 これだけの災害なら予言や占いに出てきても当然ではないだろうか。 なのに一度も聞いたことがない。 もし今後、どこかで誰かが予言していたとしてもしょせんあとの祭り。 それは誰にでもできるもので当たったとはいえない・・・

taka1346yu at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オカルト 

2004年12月27日

津波被害に愕然

インドネシア沖で大地震が発生。 その後の津波で大勢の被害者が出た模様。 死者の数はすさまじいことになりそうな気配に身震いする。 日本ではチリ地震後に起きた三陸津波と奥尻島での津波が記憶にある。 その時の教訓として引き潮が起きたら高台に非難せよ!というのを覚えた。 今回はどうだったろうと気になる。 ニュースによれば西側と東側で津波の質が違ったのだという。 西側ではいきなりの押し波に襲われ、予兆すらなかったようだ。 また高台も少ないようで被害は尋常ではないとか。 1000キロ以上離れた場所への一撃。 地球規模で起こる災害にあらためて恐怖を感じる。 阪神大震災では150キロ離れた我が家の温泉、普段は無色無臭なのだが、 地震前は硫黄のにおいが強くなったと周囲に話していた。 気のせいだったかもしれないが、地震が起きた後は本当に驚いたものだ。 150キロなんて地球規模なら目と鼻の先だろう。 今から考えると異変があってもおかしくなかったと思う。 今年は本当に自然災害の恐ろしさを見せつけられた。 しかし最後の最後にこんなことは・・・予想も出来なかった。 つくづく明日はわが身だと思う。

taka1346yu at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)未分類