2005年05月

2005年05月31日

ストレス解消へおすすめ

今、どういうふうにストレス解消もしくは健康的にいられるのか尋ねられたら 迷わず「忘れる事」と答えるでしょう。 いろんなことを考えてしまう。 先行きは不安なのは誰しもだと思うけど日々の暮らしいろいろ鬱憤もたまる。 一人でボーッとしてたり、寝る前にあれこれ考えてしまうことも。 けれど一旦寝て起きたら綺麗さっぱり。 自分でも信じられないくらい無頓着。 これが次の行動へ突き進む原動力になっていると思う。 逆にイライラする人やくよくよする人を見ているといつまでもひきずる。 私みたいにこだわりやあきらめが早いのも良いとはいえない。 けれども活動に支障をきたすほど精神的に追い詰められるのはツライ。 うまく気持ちを切り替えられるとその方が良い風が吹くように思います。 おすすめと書いたわりに勧められない話だし、なかなかうまくいかないと思う でも、自分は寝れば大丈夫、気持ちを切り替えるのは簡単と自己暗示にかける と、そのうちそうなってきます。 元くよくよ引きずってた人間からの提案です。(^^)

taka1346yu at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人間観察 

2005年05月30日

いつもなら

明日で5月は終了。 6月に入ると待ってるのは梅雨、そして衣替え。 いつもなら、5月の中旬から半そでになってるけど今年はいつもより寒い 気がする。夜は長袖がかかせないし、スポーツでグランドに行くと厚着し なければ肩を震わせることになる。 部屋の方はといえば、分厚いカーペットを薄手にするが、こちらもちょっと 待ったがかかっている。 悲しいわけでもない。 少し寒いくらいの方がぐっすり眠れる。 周りの人たちも気持ちいいから、ついついうたた寝という話を聞く。 休みの日には長く寝ているという。 2005年の前半最後の月を迎える。 一年て本当に早くなっていくね。 こちらは、いつも感じていることだなあ・・・

taka1346yu at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)街角 

2005年05月29日

Feel So Good

終わった。 どうにか山場を越せた! 午前中に行われた商工会青年部兵庫県但馬地区予選は残念ながら負け。 多分勝てた試合だったろうけど、昨日書いたように複雑な心境だったので もう一つ元気になれない。 三打数三安打で二本はホームランだったろうけど二塁でストップ。 迷惑かけたけど仕方がない。 負けた後は会場すぐに移動。 3人に協力を頼み50キロ離れた球場に向かう。 人数はなんとか10人、これで試合が成立する。 こちらは兵庫県秋季大会但馬地区予選。 結局7-1の差で負けてしまったが、来週は勝っても棄権だろうからちょう どいい、ただしもう少し善戦したかったというのが正直なところ。 そして・・・ほっとした。 試合後は商工会のメンバー、野球のメンバーで飲み会。 みんな、わがままを聞いてくれてうれしかった。 それだけじゃいけない、今度はこっちが聞いてあげないとね。 そういうお互い様みたいなところが大切だと感じる。 明日は体がどうなってるかわからないけど、気持ちは最高の一日だった。

taka1346yu at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人間観察 

2005年05月28日

明日はどうなる?

今日は久々に家でじっとしていた。 体は筋肉痛、足もガクガク。 階段を下りる、坂道を下るときつい。 明日は一日でソフトボールと野球の試合。 野球の人数が足りなくてソフトから協力してもらいたいから勝つと困る。 野球は二戦目、でも勝てば6/5の参加が難しい。 どちらも勝てば難しいという複雑な試合。 けれど棄権はしたくない。 明日はどうなるかなあと思案しながらゴロゴロ。 ひとまず、明日が過ぎれば一山越える。 次は6/3~バタバタの日々。 とりあえず明日をなんとかこなしたい。

taka1346yu at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2)わたくし事 

2005年05月27日

体は痛いけど

今日は近所の野球チーム、町内リーグ2戦目。 相手は以前苦手にしてたチームだったけどあっさり勝つ。 順当に2勝。 昨年は準優勝だったけど、意外に優勝まで行ける・・・かも? 考えてみると、この町内のリーグは20年近い歴史がある。 私が参加したのは10年とちょっと。 その間に22チームから12チームに減るという悲しい現実もあった。 人口が減ったというよりは野球人口が減ったというのが真相。 それでも地域の親交と健康に一役あり、ローカル紙にも載り、今の時期の 風物詩にもなっている。 また長年やってると、それらを介して仲良くなった人も多数。 たかが野球をこえて本当に地域に根付いている。 思えば、長く続くチームには特徴がある。 そこそこ勝てて、そこそこ年齢層が厚いこと。 若いだけでも、年配だけでもいけない。どちらもバランスよくいるチーム。 また試合後の飲み会で賑やかにしてるところや、チームで旅行に行ったり、 バーベキューしたりと野球以外で親睦を深めてるのも共通している。 上司、部下ではない付き合い。 野球がうまい下手だけじゃない付き合い。 地域においてもUターンした若者と仲良くなれるチャンスでもある。 「OOさんとこの子が帰ってきたよ」 情報が入るとさっそく!今年も我がチームには二人の若者が加わった。 今年急に強くなったチーム、弱くなったチーム。 いろいろあるけど同じようなほのぼとしたカラーは一緒。 自分もそこに参加している喜びを感じる。

taka1346yu at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ローカル